シャンプーすると痒くなる意外な原因

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

今回は久々にシャンプーソムリエらしいヘアケアのお話です(笑)

よく、シャンプーすると痒くなると言う方の声を耳にします。
ここで、いろいろな仮説が出てくるのですが、殆どの方はその原因としてシャンプー剤を疑います。

このシャンプー合わないとか、このシャンプーのこの成分かな~?
なんてね。

でも、僕は先ずはシャンプー&トリートメントを使っているかを聞きます。

なぜなら、シャンプーよりも、トリートメントの方が刺激物質が含まれているケースが多いからです。

トリートメント=髪をキレイにするからいい成分!

この考えがトリートメントに原因があるという疑いを隠しているのではないでしょうか?

しかし、実際にはトリートメントの方が原因って意外とあります。

特に、トリートメントの”つけ方”などが問題です。

トリートメントは髪だけにつけるもの!!

もう一度言います。
トリートメンとは頭皮につけてはいけないんです!!

何故なら、髪や頭皮に残りやすく、刺激物質になりやすい成分を配合するケースがあるからです。
その見分け方は、シャンプーソムリエ認定講師の合宿でも触れる内容です。

逆にシャンプーの場合は、洗浄力や特定の洗浄成分、そして流し不足に原因があることが殆どです。

多分、シャンプーの流しが甘い方は当然トリートメントも残りがち。
すると、頭皮に残ってはいけない成分も残留する可能性があります。

髪をツルツル、しっとりさせるトリートメントが全部取れてしまうのはもったい無い!
そう思い、緩やかな流しで終えている方もいます。

しかし、それは絶対に、絶対にNGです!!

トリートメントはしっかり流すことです。
それでも髪がパサつくのであれば、アウトバストリートメンとやオイルを少しつけることです。

関連記事一覧