全ては自身の運と勘が導いたこと

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

今日のブログは知識などではなくって自身の運命についてです。

多分、誰でも経験があるかと思いますが、あの時そうしていたら・・・。
そんな後悔をしたことはありませんか?

僕は人生の中で数回あります。
中学の時に引き抜きで入部した部活を辞めたこと
高校の時に見栄を張って推薦を蹴ったこと
大学の時に遊びすぎたこと
20代の時に美容師を辞めたこと
30代に経営者になった時に組織をまとめられなかったこと

しかし、後悔とは先に立たずといいます。

そんな僕の人生経験から・・・

行きたかったイベントやセミナーに行けなくなってしまった時。
または、行こうと思っていたのに行動に移せなくって行けなかった時。

こういう時は時期ではなかったか、この行動によって運命の方向が少しづれるか、何かを得る時期が遅れる。

つづいて、信頼しているし、尊敬している人から聞いたり、その人が思いもよらない行動をとった時。

この人がどうしてそんなことを言うのか疑ってしまったり、どうしてそういう行動をとったのかがっかりしたり、苛立ったりする時ってないですか?

これは、その人を信頼しているのであれば、最終的に肯定的な解釈をしてみるとなるほどという答えに出会うことができます。

なぜかというと、自身がその人を信頼している、または尊敬しているのであれば、自分が思う以上の考えがあってそうしている、そう言っていると思うことが意外と良い方向に進むからです。

あくまでも僕の経験談になりますが・・・。

つづいて・・・

色々な不都合が起きた時
特に今までと違ったメンバーやシチュエーションがあった時。

こんな場合は、構成メンバーかそのシチュエーションの条件に不都合があることを暗示している兆候かと思います。

これは、集ったメンバーが猿と犬みたいにどちらも賢い動物ですが、何かを介してお互いが強引に出会った時に起こりがちです。

これには、どちらも自分は良い人と思っていても、相性というものがあったり、犬猿の中に感情的な面がその関係を無意識に狂わせて、色々な不都合やトラブルが起きるのかも知れません。

頭が回る人ほどパターンで考えてしまうので、こういう失敗をしがちです。
要するに思い込みや人をたやすく動かせてしまうための軽率さから来ています。

逆に人の感情を見れる人はそういうシチュエーションは無意識に回避しているものです。

頭で先を読むか、心で先を感じるか?
言い換えれば、過去の経験や人を分析したデータを元に、こうであろうと自分の考えに自信をもってしまうのか、相手の心を注意深く多角的に感じながら人を動かすか?

の違いかと思います。

要は、相手の心を感じる気遣いができるかできないかってことです。

なぜか立ち回りが上手だな~って思える人や、あの人の周囲には良い人ばかりが集っているな~って思える人ってこの辺りが上手なんだと思います。

強さと柔軟さを兼ね備えている人ですね。

今日のブログはあまり人にも言ったことがない僕なりの、不都合が起きた時に後悔しない生き方や、原因と結果の法則でした~!!

関連記事一覧