パーマがかからない、すぐ取れる3つの原因

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

今日はパーマがかかりにくくってお悩みの方向けに記事を書かせていただきます。
ではでは、ズバリ!パーマがかかり難い、かかってもすぐに取れてしまう3つの原因ですが

①担当している美容師さんの知識と技術レベルが低い
②ヘアケア剤やスタイリング剤が合っていない(使っていない場合も含む)
③髪質が悪い

そして、①②は美容室を変えると改善できます。
特にSSAという教育を受けている美容師さんならかけられるし、ヘアケアやスタイリング剤の使い方まで教えてくれると思いますので、美容室へ行って「SSAを受けられている方いますか?」って聞いてください。

いなければ、かかるかかからないかはギャンブルになりますので、それでもいい方はチャレンジ!
それじゃお金が勿体無いって方は僕に聞いてください。

近隣の美容室をご紹介します。

そして、本題は③の髪質が悪いです。
髪質っていうと、太かったり、細かったり、健康であったり、痛んでいたり、直毛だったり、くせ毛だったりと様々です。

これに関しては①②が非常に関与しているのでSSAサロンを探しましょう。

そしてもう一つパーマがかかるために髪に必要な栄養素。
それが多い方、普通の方、少ない方がいます。

この栄養素を「システイン」と言ってアミノ酸の一種です。
この量が実はパーマにすごく関係しているんです。

そして、何を隠そう僕もパーマがかかり難いし、取れやすい髪質でした。

しかし、今では全然パーマがかかる髪質になっています。

これはやはり食べるものの影響が大きいと思っています。
特に肉をたくさん食べることでパーマに必要な「システイン」というアミノ酸が増えている証拠です。

数年間、パーマがかかりにくかったのですが、ここ半年間セキザップな生活をしてきた陰でパーマスタイルを楽しむことができています。

もちろん、これに①②が備わっていたら最高です!

これは理屈じゃなく体験から導き出された結果ですのでパーマがかかりにくかったり、パーマが取れやすい方は是非セキザップな生活に切り替えてみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧