シャンプーソムリエが作る脂性肌用のシャンプー

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

さあ、もう直ぐかな~
昨年からず~っと処方を組んでいたキュベシノブシャンプーシリーズの新アイテム。

キュベシノブシャンプーは普通肌~乾燥肌用でした。
ですので、普通肌~脂性肌の方には今ひとつ重かったり、さっぱり感が足りませんでした。

そこで、脂性肌用のシャンプー開発をしてきました。
ただ、通常の脂性肌用のシャンプーとはちょと違います。

先ず、脂性肌用のシャンプーは当然ながら洗浄力が高くなります。
すると、頭皮の脂はキレイに落ちるのですが、同時に髪の脂も取ってしまいます。

つまり、髪がきしんだり、乾燥しパサつきが出やすくなります。
これでは、本末転倒です。

そこで、どの程度の洗浄力なら髪がきしまず、頭皮がさっぱりするのかを見極める必要がありました。
何度も何度も処方を変えたサンプルテストを繰り返し、徐々にその境界線が見えてきました。

ただ、それでは頭皮がギトギトの人は・・・?
そこで、先に開発したのが「エンゲージ エマルジョンジェリー」です。

これは、シャンプー剤ではなく、アルカリ水と重要による乳化作用によって強固な脂やコーティング成分を溶かして落とすもの。

ただし、主成分が水なのでアトピーの方でも全くしみなく目的だけを果たしてくれます。
また、乳化剤のため髪のきしみも全くありません。

髪についた強固なスタイリング剤落とし、頭皮のクレンジング、寝たきりの方の洗浄(塗ってふき取るだけ)、クレンジング洗顔など幅広い使い方ができます。

これによって、シャンプー剤による脂性肌の洗浄バランスが決まりました。

脂性肌のため、当然「マラセチア菌」の繁殖や匂いなども予想できますので、そういう頭皮状態に対してベストなシャンプーがもう直ぐ完成します。

脂性肌のあらゆることを考えて作っています。

また、今回も香りがかなり時間がかかっています。
何故なら、今は日本では手に入らないとっておきの香りをこのシャプーに採用しようとしているからです。

このシャンプーはキュベシノブシャンプーの横ラインに並ぶ予定です。

関連記事一覧