スーパーUVケア敏感肌編 SPFとPAのバランス

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

この時期いよいよUVと言われる紫外線が肌に突き刺さってきます。
UVではB派、A派が肌に対して悪影響を与えます。

UVA、UVBといわれますが、そのうちのUVAが危険なんです。UVBは、肌表面への攻撃!
短時間で肌が赤くなる炎症反応(サンバーン)や、数日後に肌が黒くなる色素沈着反応(サンタン)を引き起こします。

一般的に焼けた~っていう症状です。
しかし、最近ではUVAの脅威に注目が集まっています。

何故なら、UVAは肌深部の真皮層まで届く波長だからです。
この真皮層には肌の弾力や潤いを保っている層ですが、ここにはコラーゲンが沢山集まっています。
コラーゲン層が紫外線によって劣化することで次のような弊害が起きやすくなると考えられます。


①シワ
②たるみ
③薄毛(抜け毛)
これは絶対に避けたい老化現象じゃないですか?

しかし、UV対策を怠っているとこれらは徐々に真皮層を劣化させこれらを引き起こします。
だって、全てがこの真皮層でハリや発毛を促しているからです。

では、ここでどのようなUVケアが必要なのか?

もちろん、UV効果の有るクリームなどを使うのが良いと思います。
しかし、UVA対策には・・・

先ずは、UVBを防止するのがSPF(さんプロテクションファクター)という数値で、それらの持続時間が表示されています。

この時間ですが、20~25分を1単位とします。
日常ですとSPF10程度が良いとされていますが、この場合20分かける10ですので、200分(約3h)。

野外でスポーツなどをする場合はSPF30程度が良いとされていますので、600分(約6h)。

肌を赤くしたく無い焼けたく無い場合はこのSPFを見て判断です。
まあ、SPF50とかもありますが、海水浴などに行かない限りSPF30程度で十分かと思います。

続いて、PA(プロテクショングレードオブUVA)
P+
P++P+++P++++という4段階表示になっています。

特にPAは肌が黒くなることを防止すると言われている数値とも言われていますが、やはり真皮層の劣化を防止することが重要です。

この+の数によって

+UVA防止効果がある

++UVA防止効果がかなりある

+++UVA防止効果が非常にある

++++UVA防止効果が極めて高い
という差があります。

しかし・・・
ここで問題なのは、どちらを優先するか?

僕の中の日常の数値ですが

SPF10
PA++

野外で楽しむSPF30
PA+++

そんな感じで十分なのでは無いかと思います。

そして、敏感肌の方は・・・?
これは次回敏感肌とUVケア後編でお伝えします!

 

関連記事一覧