頭皮のベタつきの原因は・・・

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

この時期から徐々に頭皮のベタつきが気になり出す方が出てきます。
ご自分の頭皮のせいなのか?
それともヘアケアの何かの影響なのか?

色々な原因が考えられ、適切な対応策を思案することでしょう。

そこで、頭皮のベタつきの原因で一番考えられること!
それは、油分!

まあ、誰しも油分ということは検討がつくことかと思います。
特に頭皮から分泌される皮脂とう油分。

しかし、そうでも無い場合・・・何が原因なのでしょう?

実は、シャンプーにもトリートメントにも油分・・・つまり油成分が含まれていることがあります。
あの、香料という香り成分や、精油(○○油)なども油分です。

そして、油分はとっても髪や肌に残りやすいんです。

ですので、シャンプー・・・特にノンシリコーンシャンプーでオイルシャンプーとか言われているシャンプーがあるかと思いますが、シリコーンの代わりに、油分を入れて手触り感をよくしようとしているシャンプーです。

これらは、油分が多く配合されているので、当然通常のシャンプーよりも油分が髪や頭皮に残りやすくなります。

この対策としては、物凄くよく流すこと!
よ~くよ~く流さないと油分が多いので頭皮や髪に油分が残ります。

これが、暖かくなるこの季節。
当然頭皮からも汗や皮脂も出やすくこれらが加わることで頭皮がベタつきやすくなってきます。

頭皮がベタつきがちになってそのまま放置していると、今度はニオイの元になり頭皮環境が荒れてきます。

ですので、頭皮のベタつきが気になりだしたら、油分の少ないシャンプーに切り替えるのも一つの対策としては有りだと思います。

よく、スカルプシャプーが良いんだと思う方もいらっしゃいますが、油分が少ないシャンプーという基準で探された方が頭皮や髪に対してはベストな選択ができると思います。

関連記事一覧