熊本震災の被災者の健康支援に名乗りを上げた方々 VOL1

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

いざという時にその人がどういう価値観を持っているのか?
そういう価値観でとっても嬉しいことがあり、僕自身付き合った来て良かった。

って思い、どうしても伝えたい方々をしばらくご紹介させて頂こうかと思います。

それが、熊本震災で今後問題になる現地の方々の体調不良。
そこには、様々な原因があります。

それについてでは以前「震災後に来る体調不良の原因 」で書きましたので、ご覧下さい。

そして、これを予防するために僕がおつき合いさせていただいているサプリメントメーカーさんにお声掛けをさせていただいたわけです。

まるで医療チームとでも言える僕が信頼しているサプリメントメーカー各社です。
僕のサプリメント検証歴は約15年。

その間にかなりのサプリメントに触れ、体質改善効果の臨床を自分自身や、購入者を通してやってきました。
その中で行き着いた効果が期待できる各社となります。

では、先ず現地では食事の偏りが必ず起きます。
そこで、体を構成する成分、言い換えれば細胞を作り出す成分に「たんぱく質」というものがあります。

このたんぱく質補給がままならなければ、当然細胞も作られにくくなり、衰弱しやすくなっていきます。
ここで、通常であれば、プロテインというサプリメントにもなるのですが、僕は「コラーゲンPPT」を選択します。

何故ならば、こういう時期に一番劣化が激しいたんぱく質がコラーゲンだからです。
コラーゲンの原料は肌にはシワ、弾力低下、髪も細くなりがちです。

また、コラーゲンタンパクではなく「PPT(ポリペプタイド)というコラーゲンタンパクを細かくしたものほど吸収効率がいいので、十分なコラーゲンを補うことが可能だからです。

このコラーゲンは、驚くなかれ骨の90%や腱、血管とカラダの1/15もの割合を占めています。
そして、肌の真皮層もこのコラーゲンが主な成分です。

ここの分野を任せられるのは有限会社SGさんです。

SGさんのコラーゲンは、国内・・・いや一応世界最先端のコラーゲン研究は日本ですので、世界一とも言えるかと思いますが、このコラーゲンサプリメントは、過去から多くの体質改善の実績のあるコラーゲンPPTです。

僕や僕の周りの方は未だに毎日摂取しています。
意外と60歳、70歳の高齢の方にも効果が実感できるとリピーターが非常に多いです。

少し前に「コラーゲンC17型」が髪が生えるという発表がありましたが、そういう発見の前から、髪が太くなったとか、白髪が少なくなったとう体験者の声は沢山いただいていました。

また、コラーゲンを飲むと太る!
そういったコラーゲンも市場では出ていますが、100%コラーゲンの場合、一切太ることはありません。

太るコラーゲンは太る成分が配合されています。

何故ならば、コラーゲンに脂肪がつく要素は全くないからです。
そういう高品質なサプリメントが有限会社SG社製品なんです。

そして、コラーゲンはアミノ酸が鎖状に繋がった繊維が、3重に繋がって弾力を出しています。
簡単に言うと、アキレス腱や靭帯そのものです。

この結合をしっかりとさせるには、その中のアミノ酸の一つに「プロリン」というアミノ酸があります。
このプロリンが「ヒドロキシプロリン」となると、結合が強くなります。

パーマでいうとS-S結合みたいなものとイメージしていただけたらと思います。

その「プロリン」「ヒドロキシプロリン」にしてくれる酵素があるのですが、その酵素の働きが弱ければ、「プロリン」「ヒドロキシプロリン」になれません。

ですので、この酵素の働きが活発になる必要があります。

そして、この酵素の働きを活発にして「プロリン」「ヒドロキシプロリン」にしてくれるのが実は「ビタミンC」なんです。

ですので、セットでご用意させていただいたのが、西本貿易株式会社「ビタミンC」です。

西本貿易社のビタミンCは、僕のサプリメントやインナービューティーに関する相談役としてもいつも御世話になっている、サプリメントの開発や医師へのサプリメント療法のセミナー講師をされているナチュメディカ事業部の長島さんです。

この組み合わせは、コラーゲン生成にとって最高の組み合わせです。
あとは、「水溶性ケイ素」なども必要とされていますが、一応この組み合わせが主となります。

こういうお話を今度はお隣の大分県中津市で6月に「美女年齢35歳の法則」セミナーを通して、お話しさせて頂きますので、大分の方も今は踏ん張っていてください!

たった2週間で体質がみるみる変わるお話し!

それは、理屈よりも体験者が多い実践的なお話になりますので、是非楽しみにしていてください!

もう、震災支援イベントとして受講料変わらず、いつもより1hくらい長く僕は情報提供させていただくつもりです。

関連記事一覧