震災後にくる体調不良の原因

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

熊本県へいよいよ物資が届き始めています。
徐々にゆっくりとですが、復興の一歩が進み始めていることに少し胸をなでおろす今朝です。

そして、今日は2日目の通訳付きのシャンプーソムリエアカデミーRound-2です。
Round-1も好評で、このコンテンツは海外の方にも通用するというか、必要なことが実感しました。

そんな、シャンプーソムリエアカデミーのRound-2の授業内容に入っている「体質改善」その視点で今の熊本の方々の生活を考えてみました。

先ほども言いましたが、物資供給が徐々に動き始めています。

しかし、こういう時に何故か、カップ麺やインスタント系の食料品、お米、パンなどが次々に送られていきます。
現地の方もお腹が空いているので、美味しく食べていただけると思うのですが、こう言いった食材を食べ続けると隠れた災害として、体調不良が起きてきます。

例えば・・・
◇カラダがだるくなる
◇片頭痛が起きる
◇お腹がはる
◇便秘
◇集中力が無くなる
◇めまいがする
◇気持ちが不安定になる
◇腰や膝などの関節が痛くなる
etc・・・

おまけに、免疫力も落ちるので、病気になりやすくなります。

被災地で病気が流行ったり、体調を崩す人が出てくるのは、実はこういう支援物資の偏りが原因の一つかと僕は思います。

実際に現地の方に今の体調の状況を聞くと、すでに発症されている方も少なくないようです。

ですので、こういう時にはカラダにいいものをなるべく送っておくことが重要です。

また、食材も十分ではなかったり、調理もままならない状況の方もいるかと思いますので、サプリメントなどを送ることも一つかと思います。

特にこういう状況下ではビタミン不足になりやすくなります。
ですので、ビタミン剤なども支援物資に入れてあげるのは助かるかと思います。

また、何がいいのかわからない場合は「ユーグレナ(みどりむし)」は非常食としてもバランス良くビタミン、たんぱく質が補給できると思います。

その他には、ビタミンB群や免疫機能を高めるビタミンD3。

さらに、免疫機能を高め便秘防止にも役立つ「ラウリン酸」を多く含むココナッツオイル。

炭水化物過多を緩和する「5-アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)」。

連発する余震や先への不安によるストレスなどによって、体内には活性酸素が大量発生している可能性がありますので、水素なども有効かと思います。

さらに、たんぱく質摂取もままならない状況を「コラーゲンPPT」などのサプリメントで補うこともありかと思います。

せっかく送った支援物資が現地の方の体調不良を引き起こしてしまうのは不本意なことです
できることならば、気持ちもカラダも元気になれるものを送ってあげましょうね~!

関連記事一覧