合成成分が危険?植物だから安心?まだそんな説明が・・・

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

今日は少し化石化した話題で記事を書きたいと思います。
それが、石油系の合成成分だから危険説!

・・・めっちゃ笑ってしまいますが、未だに商品販売でこれをたてに我が社の商品は安全です!
って、商品紹介をしているところがあるそうです。

この話を耳にして僕は絶句しました。
あ~、まだこういう話通用するんだ~って。

じゃあ、植物系の成分は安全ですか?

・・・これもいいえ、安全とは言い切れませんよ~。

単純に・・・
精油を肌につけてどうなるか?
香料を肌につけてどうなるか?

想像していただいたらわかるかともいます。

では、ポリクオタニウム-51(リピジュア®)という成分があります。
これは、完全に石油由来の合成成分です。

しかし、スキンケア、ヘアケア業界に出回るまでは医療で使われていた原料です。
話では人工血管の素材として使われていた人体適合成分だそうです。

そして、天然原料と違って未知物質を含みません。
未知物質を含んでいないのでそれらによるアレルギー反応を起こす可能性が低い成分です。

こう、原料解説がされています。

つまり、人工的に作られた合成成分の方が実は安全面ではしっかりと管理されているんです。

逆に、天然成分は「未知物質」がふくまれている可能性があり、環境の変化でどのような物性に変化するかも未知な部分を含んでいます。

ですので、僕的には石油系合成成分だから・・・
とか、植物系成分だから・・・

という狭~い見解で商品の良し悪しを表現したり、他社製品を批判するのは低レベルなセールストークかと思いますし、僕自身は恥ずかしくって絶対に言えません(汗)

もし、美容メーカーなら、美容のプロであり、より深くそれらを知っているのが当然。

しかし、美容メーカーでありながらそれらを知らずに、平然と営業トークで、石油系・・・植物系・・・と熱く語ってしまっているのなら、恥ずかしいからすぐやめましょう。

たぶん、その話を聞いている美容師さんにプッ!
って心の中で笑われているかもしれませんからね~。

関連記事一覧