頭皮と髪のクレンジングに新たな考えを!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

ヘアケアで重要なことが余分なものを頭皮や髪にのこなさいこと。
さらに、そのケアをする中で、できるだけ頭皮や髪に負担をかけないこと。

この両立がとっても大切ですが、意外に難しい・・・。

そして、頭皮を綺麗にって考えられたのがホホバオイルを使ったヘッドクレンジング!
この考え方は非常に合理的!

だって、毛根に付着した過酸化脂質は酸化した脂(油)
それを、オイルクレンジングの考え方で乳化させて落とすのがホホバオイル。

ただし、ホホバは厳密には油ではなくって、ワックスエステルというジャンルに分けられます。
さらに、ホホバを使うことで過酸化脂質は取り除けますが、毛穴や頭皮にホホバオイルが多少なりとも残ってしまいます。

余分なものを頭皮に残さないことが理想的ねヘアケアですが、残ってしまいます。

しかし!このホホバオイルは残して全然OK!
さらに、乾燥性の肌でしたら残して欲しいくらいです。

何故なら、このホホバは僕達の皮脂成分とかなり告知した構造を持っている珍しいオイル。
オイルって色々出ていますが、毛穴や肌に残しても大丈夫なものって実は非常に少ないんです。

さらに、油ってすぐに酸化して匂いを出したり、ひどい時は刺激成分になったり、タンパク質を壊してしまうこともあります。

その点、ホホバなどは非常に酸化しにくいので、何日でも肌に残っていても大丈夫です。
そして、シャンプーで落とすことができます。

こういうヘッドクレンジングは僕はどの美容室でもやったほうが良いかと思いっています。
では、髪についた頑固な汚れは・・・?

これはどちらかというと炭酸水などのほうがとってくれるかともいます。

では、シャンプーでは?
ん~クレンジングシャンプー・・・僕も散々開発でこのクレンジングの範囲を探ってみたんです。

クレンジングシャンプーは頭皮の過酸化脂質を綺麗に取り除こうとすると髪のきしみが半端ない!

そこで、その洗浄力(脱脂力)の調整をあれこれやってみたのですが、結果相反するものを1本のシャンプーでやること自体が無理がありました。

ですので、今は頭皮と髪の状況が明らかにギャップがある場合は、2種類の(洗浄力の高い物と、ヘアケア力の高い物)シャンプーを使い分けていただくことをお勧めしています。

そして、クレンジングシャンプーの限界点が見えたところで新たなクレンジングツールがいよいよ発売しました!

どういうものかと言いますと、基本は水の力で皮脂や整髪料を乳化させて流すものです。
基本ベースが水のため、肌に万が一残っても大丈夫です。

すでに、100軒の美容室でモニターをしていただき、商品発売になりましたので、サロン現場ではかなり活躍してくれそうです。

早速導入された美容室の方がFacebookでシェアしてくれていた写真です。

また、ダメージヘアでもキシミがなく、オイルでもないので頭皮が重くもなりません。
完全に、余分な油分やスタイリング剤の残留物を取る全容のジェルです。

当然、スパにも十分使えるので、ホホバとジェルのメニュー化を考えられている美容室もありました。
さらに、お客さんに使ってみるとお客さん自身がその効果がすぐにわかるようです。

また、アトピーの美容師さんが自らテストしてくれたのですが、全く問題なく全身にも使えましたので、石鹸でも肌刺激がある方は洗顔や全身クレンジングにも使おうと思えば可能となります。

さらに、匂いや菌も除菌してくれるようで、頭の匂いが消えたという声もたくさんありましたし、アトピーなどは黄色ブロウ球菌の繁殖が影響していますので、除菌してアトピーが改善の方向へ向かっているというモニターさんの声もありました。

基本は業務でお使いいただく1Lのワンサイズのみの販売になっています。

これらモニターさんの声などは、アンビエンスプロの商品説明に入れてありますので、ご興味がある方は是非見てみてくださいね~!

関連記事一覧