冷えと肌荒れ

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

今日は肌荒れ対策についての記事です。

先ず、アトピーの方や乾燥肌の方って何気に「冷え性」の方多くないですか?
僕の場合ご相談をいただく方の多くは「冷え性」の方や、低体温の方です。

この冷え性には色々な原因があるようです。
深く見ていくと、副腎疲労から、生体力学分野のミトコンドリアの不活性と様々。

まあ、結論からして肌が弱い方の一つのパターンとして

これが、第一に挙げられるのではないでしょうか?

血液は全身の細胞へ酸素や栄養分はもとより、水分も運んでいます。
つまり、血行が悪い場合、自ずと乾燥肌になりやすいと思います。

そういうことで、美しい肌を手に入れるためには、この「冷え性」の改善はかなりポイントになると最近思っています。

という事で、冷え性対策って色々あるんですね~
例えは半身浴。

これは、僕自身も経験した事があるのですが、効果はありました。
初めて半身浴をやった時はできるかな~?

って思っていたのですが、以外とお風呂の中でやれる事ってあたりして、それも集中できたりするので良かったです。

女性などは生理痛がなくなったなんて聞いたこともあります。

こういう場合には水素風呂や炭酸風呂、マイクロバブル風呂といった血行促進効果のあるお水を作って入浴するのも贅沢ですが冷え性の方はいいのではないでしょうか?

また、水素、炭酸、マイクロバブルはどれもアトピーに効果があると言われています。

そして、血液中には白血球ってありますよね。

この白血球は体に侵入してきた細菌やウイルスなどの、感染をくい止める働きを持った血液細胞ですが、カラダの冷えによってこの働きが弱まってしまうそうです。

すると、細菌などを処理できずにそれらを含んだまま全身に血液とともに運ばれていくので、細胞内感染症・・・つまり炎症などが起きてしまうといいます。

なるほど~そのために低体温の人って病気になりやすかったり、カラダの不調が出やすいんですね。

また、このブログでも度々登場する「副腎」!

この副腎は「副腎皮質ホルモン」「副腎髄質ホルモン」などを分泌して、免疫や性機能などを調整している重要な機関です。

この副腎の働きも冷えると悪くなるそうです。

これは更年期の方は注目ですよね~!!
更年期障害を穏やかにするには「副腎」ってとっても大切ですから。


背中のだいたいこの辺りにカイロをはると副腎が温められます。

そのためにも、カラダを冷やさない、副腎も冷やさない。
そんな心がけがいいのではないでしょうか?

ある先生によれば、カイロを患部にあてればOKと言われています。
さあ、今日の帰りにでもカイロを買って副腎に貼ってみてはどうでしょうか?

ちなみに、温湿布は体の表面しか温めないのでNGです。
あくまでもカイロがいいんですね~。

関連記事一覧