学び方を学び次世代へ向けて力をつける!SSA流儀

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

先日は静岡SSA Basic Round-1のお手伝いに参加してきました。

ところで、SSAは何を教えてくれるのか・・・?

その答えは受講された方なら皆んな感じることかと思います。
それは、勉強の仕方を知ることです。

勉強の仕方って・・・?
例えば、ノートの取り方とか
参考書の読み方とか
暗記の仕方とか

そんなことでは無いんです。

今まで美容師さんが学ぶにも学べなかった・・・
でも、一番知らなきゃいけない事、一番勉強しなきゃいけない事。

そういう事に出会える場なんです。

僕もメーカーもやっていますし、ディーラー業もやっています。
そして、美容室での勉強会も当然やります。

しかし、その勉強会には必ず商品がひも付いてきます。
結果、その商品の特性を知る内容が多くって、それにまつわる周辺知識が少し。

この勉強の繰り返しが何故か、新しい事が知れた、すごい商品が入荷するからきっとお客さんが喜ぶだろう~的な満足と期待感がぐるぐる回っているだけ。

でも、お客さんに
「髪傷んでいるからトリートメントしましょう」
「髪傷んでいるからパーマができません」
「傷んでいるから、ここまでが限界です」
「もう、これ以上髪は綺麗にはなりません」

そんなセリフがカウンセリングの時に美容師さんの口から自然に出てしまう。
そして、信頼する美容師さんの言葉だからお客さんも諦める。

では、双方にいい事ってあるのかな~?

本当であれば
「今日はこんな髪型にチャレンジしましょう!」

この会話が常に出来ることが双方にとって楽しいと思うんです。

そのために何が必要なのか?
いつもデザインを楽しめるには何を知ればいいのか?

そんなところをSSAでは、受講生に気づいていただき、そして常にお客さんと美を楽しんで欲しい。
そんな思いで、主宰の有本さんから授かった美を常に楽しめる知識を講師陣がお伝えさせていただいています。

これは、仲間づくりですね!

美をこのなく愛する人に、素敵なものをおすそ分けしてそして共に学び、そこの中心には常にお客さんの笑顔がある。

そんな、美を楽しむ知識のおすそ分けの第一回目がRound-1です。

Round-1メイン講師の貴重な女性講師である斎藤さんも、精一杯受講生の方へ美を楽しむ知識をおすそ分け!

受講生もこれを知ったら、もうダメージが・・・なんていうできない理由が無くなると思うと真剣です。

講師達は自分達が現場で実践して、お客さんと常にヘアデザインを楽しめるための工夫を惜しみなく解説します。

一言一言が何を勉強すればいいのか?
それに気づき始めた受講生は積極的に質問し、そしてメモもマメにとっています。

休憩時間もグループごとにそれれぞれが理解できなかった事を消化する時間に当ててしまうくらい、楽しく受講されています。

講師の話は知らなかった楽しさの扉を徐々に開いていきます。

当然、受講者はあの人には・・・、とか色々な今まで諦めていたお客さんとのヘアーデザインの楽しみ方をイメージされていた事でしょう。

そんな、SSAが今年も全国で少しづつ開講し始めています。

何を勉強する事が自分たちやお客さんにとって最良になるのか?
SSAにはそのヒントが盛りだくさんです。

だから、僕たちも一生懸命に自分たちが経験してきた事、SSAで学んだ知識を出し切るくらいの気持ちで毎Roundお伝えさせていただいております。

これが、仲間=SSAファミリーに対する僕たちの流儀です。

関連記事一覧