シャンプーは2本使いがオススメです!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

シャンプーというと、基本的にお気に入りの1品を見つけて使い続ける方が殆どです。
しかし、使い続けてあれ?ってことないですか・・・?

例えば、髪の扱いがしにくくなったとか
パーマかけていたのにパーマスタイルにしにくくなった・・・
根元からふんわりさせたいのに、最近ふんわりしなくなった・・・

でも、髪の手触りや香りはとっても気に入っている。

そういう場合はシャンプーの2種使いがオススメです!

何故種使いがオススメかというと、色々なタイプのシャンプーがありますが、1種では対応できない頭皮と髪の条件があるからなんです。

例えば・・・
①頭皮は脂性肌なので、できれば油分を取る力が備わったシャンプーがオススメ。
②髪はパサパサっていう場合は髪には油を取る力が弱いシャンプーがオススメ。

でも、こういうパーターンの方っていませんか?

①の場合は②の髪に対しては油を取りすぎるので、余計にパサつきが増してしまいます。

こういう時トリートメントでなんとかしようと考えがちですが、本来は現状以上には髪の潤い成分を逃がさないで、トリートメントで保湿や保護をするのが理想です。

この様な状況の方が使用するのは、髪に対して好みのシャンプーを1種。
もう一つは、少し頭皮がさっぱりするシャンプーを1種。

このタイプのシャンプーを定期的に交換しながら使うと、髪の質感の調整と頭皮の環境改善ができます。

例えば、2日間は髪の質感が良いシャンプー。
3日目はサッパリタイプのシャンプー。

こういうサイクルで2種類を使っていきます。

もちろん、トリートメントなども併用しても良いのですが、これは好みで!

また、上級者になると・・・
頭皮に対して程よく汚れを洗い流してくれるシャンプーを1回目のシャンプーを使って、頭皮環境を清潔にします。

この時は髪を洗うというよりは、頭皮にだけシャンプー剤をつける感じですね。

そして、それを一旦綺麗に流して今度は髪の質感が好きなシャンプーで髪を洗う。

こういう使い方をすると、今まであれっ?って思っていた症状がなくなっていきます。

ただし、頭皮用は連続使用すると頭皮が乾燥しがちになるものもありますので、状況判断が必要です。

まあ、今回の2種類のシャンプーの使い分けはあくまでも「使い続けてあれ?」って思った人向けの2種持ちです。

それ以外には、こういうケアもあるので特に頭皮異常の方は参考に!
>>>頭皮異常が気になる方へ

勿論、1種のシャンプーで十分満足している方もいます。

ただ、シャンプーは1種類という考えを少し変えて2種類使ってもいいんだってことを頭の片隅にでも入れておくと便利ですよ~!

関連記事一覧