2016年SSA活動までのカウントダウン

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

先日から本日にかけて全国の美容師さんが期待に胸を膨らませる、2016年のSSAの授業。

この授業を素晴らしものにするために、全国からSSA本校生及び外部サポートメンバー38名が、ここ熊本に集結し、会議が行われています。

各拠点の運営や重要な授業内容のすり合わせ、こまかな準備品や管理状況などなど朝から夜まで熱い会議が続きました。


各ラウンドのスライド作成のポイント解説風景

僕も2年間SSAの講師として活動させていただきましたが、やっぱりSSAの授業の魅力は現場力!
・・・そう思っています。

SSAの基礎知識はもちろん、目から鱗の内容が満載ですが、受講生はその知識を持ったSSA講師のお店ではどう活用できているのか?

特にSSAでは基礎知識を様々な検証をしつつ、よりお客様のために活用する工夫を常に行っています。
そのこまかな工夫がお客さんにとっては大きな違いとして伝わり、笑顔を作り出しています。

そんな、基礎知識と現場との繋がり。
これは受講生としては一番学びたいところだと思います。

単なる知識ではなく、活かせる知識!

その現場で活かすSSAの基礎知識を講師陣はいかに受講生の方々に現場とリンクできる授業を提供できるのか!?

様々な状況、時には受講生の思考や感情までも考えながら、2016年の授業の詳細が決められていきます。

きっと、2015年の授業よりもブラッシュアップされ、情報の更新もされた授業をご提供できると思います。

そして、いつもSSAの活動を応援してくださる、Bj hab の大久保さんの特別講演。
この講演では日本全国どのエリアでも迎える「少子高齢化社会」における美容室のあり方。

そのお話を様々な事例をもとにしていただきました。

さらに、エイジング問題も避けては通れない現実。
そんなエイジング問題にはSSAは早くから取り組んでいましたので、いよいよって感じです。

これからのエイジング問題は、今までのシニア対応では厳しい現実。
それに向かって様々な研究がSSAでは行われています。

人口ボリュームが益々増えるシニア層。
この層への対応は、安易な知識や技術では非常に厳しい・・・。

そのためにもSSAの基礎知識とデザインは必須のものとなっていくのではないでしょうか?
まだ経験の浅い近代のエイジング対応型サロン。

そんなサロン像を昨日は皆んなで共有し、改めて自分達が向かうべき美容感を大久保さんのお話を聞きながらそれぞれが思い浮かべていたように思います。

生涯顧客という言葉が定着してきた昨今。
その言葉に対して、自分達がどう進化していかなければいけないのか?

その答えがSSAの授業に込められています。
2016年のSSAの授業ではそういう観点から今、そして近未来に向けた教育内容を今年も全国に伝えていきます!


 

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧