スタッフさんへ「おにぎり」や「パン」「栄養ドリンク」の差し入れはやめましょう!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

先日も関西方面のアシスタントの男性美容師さんから手荒れのご相談をいただきました。
内容はこんな感じです・・・

①スピエラやGMTを使い始めて指や手のひらの皮がめくれ始めた。
②頭皮も荒れてきたので、キュベシノブを使い始めたが、いっときよくなったのにまたフケや痒みが出てきた。他のシャンプーに変えてみたらさらに悪化してキュベシノブに戻して使っている。
③病院を渡り歩き、現在漢方を飲み始め随分良くなってきた。
④現在何をするにも手袋をはめている(自分の頭にスタイリング剤をつける時も)

このように想像すると、非常に困った状況です。
たまたま電話でお話を聞けたので、約30分ほどヒヤリングをさせて頂き、対策をお伝えさせて頂きました。

そして、彼も何が原因か分からずに色々と自分なりに考えて対処はしていましたが、一人暮らしのせいか食事にばらつきがありました。

基本、僕の場合は表面でカバーできるのであれば、キュベシノブやSSA手袋、マイクロバブルシャワー、Maikoで、ケアを試みて様子を見ます。

経過観察をして良くなったり、悪くなったりする場合は今度は食事を見直していきます。
その方によって様々な食生活を送られているので、人ぞれぞれアドバイスが変わってきます。

その間も表面ケアは継続していただいております。
そして食事の見直しによって、結果が出やすいように症状によってはサプリメントの摂取もオススメしています。

こういったケアをすることで、手荒れから解放される方も少なくありません。

思うに、今回は個人から直接お問い合わせを頂いたので、細かなアドバイスをすることができたのですが、ほとんどは個人ませか、スタッフ思いのお店では、手袋を買ってあげたり、シャワーを変えたり、使うシャプー剤を変えたりしてあげています。

しかし、肌荒れ改善はそれだけでは解決できません。
その中で重要なのが原因の特定と・・・

①痒みを止める(かかない状況を早く作る)
②保湿と保護
③栄養バランス

この①②③を短期間で実施することで、約1ヶ月程度でその症状はみるみる改善していきます。

ただ、知らないだけで対応が遅れている美容室はまだまだたくさんあるかと思います。

目の前のフタッフさんの手荒れや肌荒れが長期間(2ヶ月以上)続いていませんか?
(ご本人もそうです)

寝ているうちにかいていませんか?

その状況をいち早く改善してあげたいと思いませんか?

バックルームにスタッフのためと思って
ご飯やパンを用意されていませんか?
栄養ドリンクを常備置いていませんか?

もしかしたら、それが間違ったケアかも知れません。

昨日の電話相談でつくづく感じました。

原因不明の肌荒れに対して、まだまだ対策が見えていない美容室が多いってことを・・・。

新しい還元剤の登場や、30年以上前の栄養学が当たり前になっているおかげで、以前よりも手荒れの症状が激しくなっているってことを・・・。

大切なスタッフさんの未来を救えるのは、手荒れのしない環境整備に取り組める経営者の方。
ではないでしょうか・・・?


 

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧