エイジング時代には問題解決型の美の相談所を作ろう!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

先日は、昨年からず~っと待っていただいていた栃木県エリアで今年初の「手荒れ撲滅プロジェクトイベント」を開催させて頂きました。

お集まりいただいた美容師さんは、栃木県、茨城県、東京都、埼玉県、群馬県の皆様。
そして、会場となったのは栃木県宇都宮市で美と健康を考えたカフェと美容室が併設するhair+cafe KouHaku さん。

ですので、カフェを会場に美味しいコーヒーを出して頂きながら、まったりとした雰囲気の中でセミナーをさせて頂きました。


今回も昨年に引き続き、アクアサクラムの中田さんの「サクラン」を使ったスキンケアのお話&新ネタのインナービューティースキンケア=セキザップ(笑)のお話しをさせて頂きました。


現在平均年齢が
46歳に達した日本国内での美容のあり方。
その中で、今後美容室でお客さんの美に対しての対応幅は少し違う分野もカバーすべきであると考えています。

特に女性はこの時期(35歳~)から体の変化が著しい!
ですので、スキンケアも塗りたくるのではなく、よりナチュラルな薄化粧。

塗りたくるスキンケアは逆効果=老化を早めるため。
でも、塗りたくる人・・・いますよね~(涙)

さらに、体質の変化に伴いインナービューティー!
肌の「糖化」、ホルモンバランスの乱れ、様々な体調不良・・・

この両方からの診断や対応力が「美」を任されている美容師さんには必要だと・・・。

だって、病院に行っても今の所対応できていないから。
例として・・・

・肌荒れで皮膚科に行ってもなかなか治らない
・スキンケアは一生懸命にしているのに年々肌がくすみ始めている
・サプリメントなども摂っているのに、肌が毎年乾燥してしまう
・バランスのいい食事をしているのに、慢性の疲れがある
バランスのいい食事をしているのに、PMSが激しい
バランスのいい食事をしているのに、片頭痛や生理痛が激しい
運動をしているのに、太る一方

こういう様々な美や健康面で若い時とは違った変化が起こり、解決策を模索している方が沢山います。

この手荒れ撲滅プロジェクトを昨年は500名以上の方にお話をさせて頂き、質疑応答を通して、肌荒れの原因は外と中、両方から観察することと確信が持てました。

そして、そういう診断をすることで、今まで2割程度の肌荒れ改善が7~8割。
ご相談をいただいた事例では、9割の方が改善できるようになってきました。

まだ、絶対の診断精度にはなっていませんが、確実に慢性のトラブルが回復の方向に向かっている方が増えています。

肌荒れ対策は思い込みは禁物です!
スキンケアなのか?それとも体質なのか?

そういう柔軟な視点で対応することが鉄則ですね。

つまり、このセミナーでお伝えしたことを美容室でお客さんへ伝えたら・・・

お客さんの長年の悩みを解決してあげることができる可能性が広がりますし、それに関連するサービスや商品にもつながります。

これが、「問題解決型」の美の相談所になると思います。
この、「問題解決型」の美の相談所は「美女年齢(35歳以上)」を対象としたサービスになると思います。

ヘアデザインの分野は「SSA」や「シャンプーソムリエアカデミー」でしっかりと学んで、集客やサロンブランディングは「エクスマ」などを学んでいけばこれからの時代に対しての対応力は十分得ることができると思います。

そして、さらに、サロン価値・・・特に日常の会話の中でのお客さんの通年の悩み。
そこが、スキンケアと健康!

必ず雑誌にはこれに関連する記事が出ているくらい、誰しもが気になっている分野。
美容室では今までこの分野には目をむけていなかったか、重要視していなかった方が多かった気がします。

しかし、耳を傾けてみれば、ほとんどの女性はそこに、もんもんとする悩みを抱えているものです。
それを解決することって、お客さんをどれだけ楽にしてあげることができるでしょうか?

そして、僕はそこにビジネスチャンスが眠っているような気がします。

美容室から手荒れを無くすために始めたこの活動をとおして、現代の女性の悩みに触れる機会がふえ、それが美容室のビジネスモデルの新たな原型が産まれたことは、必然だったのかもしれません。

手荒れ撲滅プロジェクトイベント2016
イベントは2ヶ月前までに日程を決めさせて頂きますので、ご相談はお早めにお願致します。

【追伸】
仲のいい美容師さん同士、お客様向けどちらのパターンでも可能です。




 

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧