あきらめかけた美肌はこうしたら良くなる!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

やっと、わかりました!
ここまでに約10年くらい研究してきましたが、ようやく見えました。

女性の多くはだいたい18歳位になるとスキンケアを始めます。
そして、メイクは一生する方が殆どです。

そんなに大切にしている肌ですが・・・
どうでしょう?

今満足している方はどれ程いるのでしょうか?
まあ、自己欲求が高まりすぎてず~っと満足しない方もいると思いますが、手入れをしているのにもかかわらず、肌トラブルや、くすみ、しわがきになる方は少なくないかと思います。

その中で肌トラブルに悩む方を僕は年間相当数の方のアドバイスをやってきました。
特にここ3年くらいは病院にいっても治らないという慢性の肌トラブルと対決し続けてきました。

そこで、見えたのがこの表です。

まず、肌トラブルを解消しようとすると、スキンケアを見直します。
どんな洗顔がいいのか?
どんな、化粧水がいいのか?
どんなクリームがいいのか?

色んな化粧品を使って改善を試みます。
このスキンケアは先ずは、肌に対してのマイナス要因を極力排除する方法もあります。
また、肌に必要なケアをする方法もあります。

これはどちらも必要です。
多分、ほとんどの女性はこの部分で自分なりの美肌づくりの方法を持たれていると思います。

しかし、一向に進展がない場合も・・・
そんな時は、今度はサプリメント系を考える方もいます。

ビタミン系、ミネラル系、コラーゲン系
最近では酵素や水素系などですね。

しかし、これでも改善が拮抗している方がいます。

そこで、気づくことは、肌に対してマイナス要因の食事を摂っているということです。
いくら効果があるサプリメントをきちんと摂ろうが、その効果が現れにくケースが出てきます。

こういう状況の方がだいたい僕に相談をされています。
そこで見えたのが、サプリメントが効かない理由です。

なぜ効かないのか?
それは、肌を劣化させやすい栄養素を摂り過ぎているためです。

せっかく肌質を改善しようと働く栄養素でも、それ以上に肌を劣化させる栄養素を摂っていたら行って来いか、時々にマイナスが進行していきます。

つまり、肌に対してマイナスを与えてしまう栄養素を減らし、肌質が良くなる栄養素をサプリメントや食事でコントロールしていきます。

これが、嘘のように効果が的面でした。
つまりは、外ばかりではなく、中(体内)の健康を考える必要性を裏付ける症例が集まってきてわかったことです。

これまでの症例でわかったことが
❶肌にメイク製品の酸化した油分を残さない
❷酸化した油分をしっかり落として、必要な皮脂は残す
❸無理に肌質をファンデーションなどで隠さずなるべくナチュラルメイク
❹一過性の保湿ではなく、1日持たせる程度の保湿をする
❺体に炎症などを起こす成分を摂らない
❻体に必要な栄養素をたっぷり摂る

これを守ることで、今まで病院へ行っても治らなかった肌がみるみる綺麗になったという声は沢山あります。
特に❺、❻はあまり知られていないので、どうしたらいいのか分かりにくいかと思います。

そこで、セミナーを常時受け付けているのですが、2月10日が旅のスケジュールの関係で以下の図の路線沿いのエリアの方でちょっとやてみようかな~?

って、思う方はお声掛け下さい。

本当、今回はピンポイントで申し訳ないのですが、ご興味のある方はどうぞご相談ください。

NEWS
2016年度シャンプーソムリエアカデミー生徒募集中です!

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧