同じ界面活性剤名でもそれぞれに違いがあります

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

シャンプー剤の裏面を見ると以下の図のように様々な成分表示を目にします。
これは2001年4月から、化粧品の規制緩和に伴って、全成分表示が義務づけられたことで、シャンプーボトルの裏面にずらずらと文字が記載され始めました。

当時、僕はある美容メーカーに雇われ社員として勤務していたのですが、ボトルの印刷スペースなどどうしたらいいのかとかバタバタしていた記憶があります。

この全成分表示はそれだけ業界をざわつかせた大きな転機です。

そして、この全成分表示のおかげで僕たちは裏面を見ることで、なんとなくそのシャンプー剤の個性を予測できたり、自分に合わない成分(アレルギーの原因)を事前に見ることで、自身を守ることも出来るようになってきました。

しかし・・・!

実は、成分表示だけでは正確に判断できないことは多々あります。
その一つに、例えばこの写真の「ラウラミドプロピルベタイン」という両性界面活性剤があります。

これをネットで検索してみると・・・
刺激性もなくしっとりと仕上がる安全な成分
低刺激でコンディショニング性を持つ洗浄剤
洗い上がりはしっとりとした良好な質感が得られる

などの解説が主に出てきますが、これは実は正しい解析評価ではないんです。

なぜ?

実はこの「ラウラミドプロピルベタイン」を製造している原料メーカーさんごとに質感が思いっきり違うからです。
さらに、この1品だけでも価格的ランクもあったりします。

ですので、成分表示だけではそのシャンプーそのものを評価するのは非常に難しいんです。
唯一評価できるとしたら、自身で使ってみることです。

よく、噂のシャンプーを購入したものの、意外と合わなかったり、期待通りではなかった経験はないですか?
シャンプー選びというものはそういうものです。

ですので、ネットでの情報が正しいかというと、目安として捉えることが良いかと思います。
また、低刺激いう評価をされているのに、これを使って痒みが出る方もいます。

そういう時には全国にいるシャンプーソムリエに相談してください。
きっと、正しい判断のもとぴったりのシャンプーを選んでくれるかと思います。↓


シャンプーソムリエのいるサロンマップ

NEWS
2016年度シャンプーソムリエアカデミー生徒募集中です!

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧