そのシャンプーもしかして雑菌だらけじゃないですか!?

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

シャンプー剤を1本使い切って新しいシャンプーをおろす。
そういう方とそうでない方がいます。

後者の場合は、バスルームに2~3種類のシャンプーが置かれていたりします。
使い分けをしているのであればいいのですが・・・

もし、使いかけのシャンプーが放置されていたら。
あ~それって、もしかしてア・ナ・タ?!

そこで、使いかけのシャンプーをたまにローテーションで使うとか、気分的にいつものシャンプーではない以前使っていたシャンプーを使う場合・・・。

チョと注意していただきたいことがあります。

特に、オーガニック系とか無添加系とかトリートメント効果の高いシャンプーで防腐剤がほとんど使われていないシャンプー・・・。

こういう類のシャンプーをしばらくバスルームに置いている方は特に注意してください。

えっ!?どうしてかって?

それは、もちろん「雑菌シャンプー」に変わっている可能性があるからです。
え~!!雑菌シャンプーって何なの?

そう思ったことでしょう。

実は、先ほど例にあげたシャンプー剤って、基本的に高温多湿なバスルームに長期間置いてはいけないシャンプー剤達なんです。

何故なら、防腐効果が非常に弱いんです。

防腐効果とは簡単に言うと、シャンプーボトルの中に雑菌が入ってきた時にその菌の繁殖を止める効果です。

ですので、パラベンとか、フェノキシエタノールとかそういう防腐剤ってシャンプー剤には必要なんです。
もしも、そういう防腐剤を危険視しているのであれば、購入したシャプーは1ヶ月で使い切るくらいの気持ちで購入すべきです。

では、一つ簡単な見分け方をお伝えしますね。

初めて使った時トロ~っとしていたとします。

それがある日使ってみると水で薄めたかのような水っぽくなっていたとしたら、それはすでに雑菌などが繁殖している可能性があります。

僕たちはそれを粘性が落ちたとか、シャブシャブになったなんて言います。

ですので、そういう形状変化があることが確認できたらそれは捨てましょう。

そういう状況になりやすいのが、防腐剤未使用とかを謳っているシャンプー剤達です。

特にお風呂の中て、大腸菌などがうようよしています。
シャンプーのポンプから、ボトルとポンプの付け根の隙間から、そういった菌はたやすくボトル内に侵入していきます。

ですので、水っぽくなった、またはそれまでいかないにしても、とろみが薄くなったと感じたら、ボトル内に雑菌が繁殖し始めていると思ってください。

そして、それで髪を洗ったとしたら・・・

ね!雑菌シャンプーでしょ(笑)

雑菌シャンプーは髪から顔に、そして体に流れてきます。
つまり、体全体を大腸菌を這わせていると同じなんです。

ブルブルって背筋に悪寒が走りますよね~

ですので、優しさを謳っているシャプー剤を使う方は、そういう弱さがあることを分かった上で品質管理はちゃんとしてくださいね~!

NEWS
2016年度シャンプーソムリエアカデミー生徒募集中です!

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧