消費者向けのシャンプーソムリエ教室をやろう!!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。


政継山誠諦寺(せいけいざん じょうたいじ)にて

今日は、まだ秋の空気が漂う穏やかな中、無事父の13回忌の法要が終わり、一つの節目を迎えられました。

そして、先日は宮崎でSSA授業のグランドファイナルに参加してきました。

その時に来年のシャンプーソムリエアカデミーに参加される数名の生徒の方からも、来年宜しくお願いします!
って、挨拶をいただきいよいよか~って感じになってきました。

また、受講生からこんな質問が・・・
「天然系成分にこだわった方は、界面活性剤自体が体に入って危険!って言うので、どう説明したらいいのでしょう・・・?」

ん~都市伝説がしぶとく消費者の価値観を侵食していますね~(汗)

万が一、界面活性剤が体内に浸透して、例えば女性ならば子宮に溜まるとするならば・・・
必ず子宮にたどり着くまでには血中に界面活性剤が入り全身に流れていきます。

さらに、それ以外にも香料なども入る可能性がありますよね~
羊水がシャンプー臭いって話の根拠はそういうことですよね。

では、血液はどこを通るのでしょうか・・・?

血管に入り、血液を全身に回す心臓を通過します。
この時点でですよ・・・心臓に香料や界面活性剤が毎日通っていたら僕達の体はどうなるでしょう?

僕は、子宮に溜まって、赤ちゃんが生まれるまでの間に心臓に異変が起きていると思うのでが・・・
下手したら、死んでます(涙)

そして、こういう都市伝説にはそのメカニズムを解き明かしたものはありません。

肌の構造や、免疫反応からしても先ずはかなりの確率でありえない現象です。
この辺りは、シャンプーソムリエアカデミーでは5h徹底的にソムリエの方達には学んでいただいています!

根拠はあっても、裏付けのない誰が言い出したのかわからない伝説を、あたかも当たり前のように言っているその陰には、商売商売の匂いがプンプンします。

もし、そういう方がいたら僕と対戦をお願いします!!
って、感じです(笑)

そういう都市伝説に消費者が混乱している現状・・・

例えば・・・
油をいくら摂っても太らないってことも知らない方多いですよね~
パラベンが非常に安全な防腐剤に進化していることも全然知られていませんよね~
香料は精油より安全性が高いってことも知らないですよね~
ステロイドはたっぷり使うのが正しい使い方って・・・知らないですよね~

昔の情報を未だに信じていたり、間違った情報を信じている方がまだまだいらっしゃいます。

そういう消費者のために、来年僕は「シャンプーソムリエ教室」というイベントを始めたいと思っています。

シャンプーソムリエアカデミー、シャンプーソムリエ認定講師コース
これられは、プロ用の授業内容。

しかし、「シャンプーソムリエ教室」は消費者が持つ都市伝説を修正したり、自分に合ったシャンプー選びのコツとかを、かなり砕いてお伝えする教室にしたいと思っています。

何箇所かで開催できたら楽しいだろうな~

関連記事一覧