水溶性ケイ素どれがいい?

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

最近「水溶性ケイ素」についての質問をいただくようになってきました。

そこで、水溶性ケイ素の製品開発をされている方や、専門的に販売されている方のお話を聞きながらしばらく調べていました。

そこでわかったことが、どうやら様々な製品が随分と出回っているようです。

その中では濃度の違い、その他の配合成分による違い、流通経路の違いと各社それぞれ。

水溶性ケイ素はまだ歴史的に10年位の微量元素ですが、身体の様々な機関の構成に関わる必須ミネラル成分です。

ただ、調べていくとどれもいいというわけではないことがわかってきました。

例えば水素水のお水なども流行っていますが、実際に流通段階の商品を分析にかけると水素が消えて単なるお水だったなんてことに似ています。

よくあるパターンですね。

また、販売している業者さん自体が水溶性ケイ素の知識が浅い場合もあります。
僕的にはそういう間違った情報を流すわけにはいかないので結構調べました(汗)

また、海外からも入ってきているものもあるようですが、水溶性ケイ素は基本的に経口吸収がメインの健康食品系なので、食品として使用許可が下りた原料を使用しますが、国内ではそれが許可されていない原料を配合している商品もあるようです。

これは商品の品質が良くっても、何かあった場合怖いですね。

色々と調べ、専門家のお話を聞いたりした結果、やっと現在の国内での水溶性ケイ素の実態が見えてきましたし、どの製品が信頼できるのかも見えてきました。

この水溶性ケイ素は厳しい管理のもと、流通制限や価格などがきちんと守られています。
内容を聞くと非常に厳しい管理体制のようです。

言い換えれば、消費者からしたら非常に安心できる管理体制がとられています。

その流れをくむ水溶性ケイ素は安全性、適切な濃度の製品化、そしてエビデンスなどもちゃんとあるので、僕の中ではここだな~って特定できました。

現在僕自身も体験中ですし、様々な可能性を見つけていきたいと考えています。

関連記事一覧