素肌を痛めずに毛穴の汚れまですっきり洗うクレンジング法

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

僕は様々な商品の特性を組み合わせながら敏感肌のケアに最適な方法をいつも模索しています。
そして、ふと閃いてしばらく試していたのですが、これは間違いなくいいな~って方法を見つけました。

先ずはスキンケアで大切なのが洗顔ですね。
この洗顔は日常毛穴から出る汗や皮脂についたチリやホコリを取って清潔にするということ。
つづて、女子はメイクをしますのでメイク落としもしなければ素肌になれません。

この時に先ずは使うとすごくいいという方が沢山いる「マイクロバブルシャワー」
特に「ピュアブルⅡ」は微細洗浄という目的に合わせて泡のサイズを調節されています。

今までは、洗顔後に必ず残る毛穴に詰まった微細な汚れをこのシャワーを顔に水圧でマッサージするように当ながら、汚れを洗い流していただいていました。

これだけで、肌の透明感が全然違っていましたが、今回メイク落としの段階で使うクレンジングが凄く肌にいいので、組み合わせてみました。

そのクレンジングの一番の特性が「高還元水」を使用したクレンジング!
この「高還元水」ってたまに、アルカリイオン水とか、還元水と同じに思われてしまうのですが、全く違う特性を持った水です。

この水は「酸化した油や皮脂」のみに反応して、それをクリーム状に溶かしてくれるんです。

つまり、酸化していない天然の保護クリームである皮脂は溶かさないので、洗っても洗ってもカサカサになりません。

でも、メイクや余分な酸化した皮脂は綺麗にとれるんです。

おまけに、こすらなくても1~2分で溶かしてくれるので、肌に一切負担をかけません。

この2品を使うことで、肌に対しての刺激が極端に軽減され、肌を壊さずに汚れを根こそぎ落とすことができるんです。

また、クレンジングは界面活性剤もつかていないのでそういうところもいいですね~。

そして、最後の仕上げは汚れも取れて水分量の上がった肌の水分を逃がさないように、サクラン化粧水をつけるだけ!

これってすごく物足りなかったり、不安になると思いますが、サクラン化粧水オンリーケアが一番人から何してるの?って聞かれる方が多い方法です。

クリームなんていりません。
どうしてもクリームが欲しい場合は、酸化しない油脂のホホバオイルを使います。

これらの方法は、余分なものを顔につけないという考え方です。
なぜなら、どんな栄養成分も角質層止まり!

ですので、自身の持つ肌力を高める究極の透明感のある肌作りのケア方法ではないかと思っています。

〈お知らせとお願い〉

□▷2016年のSSAカリキュラム>>>SSA HP

□▷僕の会社>>>株式会社アイザ

□▷本ブログ内容に関するご質問、お問い合わせ>>>Facebook messag

関連記事一覧