約1ヶ月間本格的にセキザップを続けたその結果は・・・!?

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

ここ1ヶ月位、周りの方からヒストイックとか、徹底してやるんですね~

なんて言われながらも、色々なデータを取りたくって続けています「セキザップ」ですが、自分の身体が今どういう状態なのか数値化してみました。

そうそう、身体もそうなのですが、僕の髪は微シス毛なので、師匠からは赤身の肉を食え!

なんて、言われたこともありましたので、そのうち毛髪内部のシステインの含有量が増えているかどうかもパーマをかけてその状況を検証してみたいと思います。

これは後、数ヶ月先になるので、それまでは髪は置いておこうかと思います。

ただし、可能性として体調不良や身体的に大きな変化があった場合、大体の方は髪質が変わっていますので、有りと思っています。

また、これから世の中エイジング毛がドンドン増えてきますので、そういうった面でも栄養バランスをとることで、髪に対しての作用も見てみたいと思っています。

話は戻りますが、今日の本題はセキザップをやることで、僕の身体にどうの様な変化があったのか?!です。

本当に正しい数値なのかどうかはわかりませんが、自宅にあったオムロンの体重体組成計で測ってみました。

体脂肪率判定 17.3%

体脂肪率とは体重のうち、「体脂肪の重さ」が占める割合のことですね。

体脂肪は、エネ ルギーを貯蔵したり、内臓を保護したりと、さまざまな役目を果たしているので、多すぎるのはもちろんですが、少なすぎるのもよくないようです。

標準は10.0%~19.9%ですので、僕の体脂肪率は標準内ですので、17.3%はnot bad!な数字じゃないかと思いますが、前半には行きたいですね~。

痩せているように見える僕の体は意外に脂肪がついていました。
やはり、スイーツ、ラーメンを長期にわたり好物として食べ続けた結果ですね(汗)

ちなみに、アスリートの方はというと・・・

テニス 錦織圭さん  体脂肪率 約6%

フィギュアスケート 羽生結弦さん 体脂肪率 約3%

だそうです。
ここまでくると、完全に専門的な体質とも言うレベルですね~。

内臓脂肪レベル4

内臓脂肪とは体脂肪のうち、内臓のまわりについている脂肪です。
内臓脂肪は、血中に脂肪を増やして、脂質異常症を生じさせたり、インスリンの働きを邪魔して、糖尿病の原因になるなど、生活習慣病と関係が深いことがわかっています。

オムロン社の定めている標準値は1~9ですので、僕の場合は中間あたりでこれもPretty Good!

基礎代謝率1,533

基礎代謝率とは体温維持や呼吸など、生命維持に必要なエネルギー消費のことで、基礎代謝が増えると太りにくい体になります。

基礎代謝は、10代後半をピークに年々減っていきますが、低下してからも、若いときと同様の食生活を続けていると中年太りになってしまいます。

オムロン社の基準
30~49歳の年代別基礎代謝率で1,530ですので、これもGood!

ちなみに厚生労働相が掲げている平均値が1,520ですので、それより比べるといい線いっているかと思います。

骨格筋レベル 36.8%

これは、体重のうち「骨格筋の重さ」が占める割合のことです。

筋肉には、体を動かすための「骨格筋」、内臓を作っている「平滑筋」、心臓を作っている「心筋」があります。
このうち、運動などによって増やすことができるのは「骨格筋」です。

つまり、骨格筋は運動やダイエットの成果が出ているかどうかを判断する指標になります。

この平均値は32.9%~35.7%ですので、僕は平均以上ということでIt is good all right!です。
この数字ももう少し上げていけるように現在進行中です。

体年齢 29歳

体年齢は、基礎代謝をもとに算出した体の年齢で、オムロン独自の指標だそうです。

基礎代謝は体重、体脂肪率、骨格筋率などを総合して算出しているので、体年齢は自分の体を総合判定する目安になるらしいです。

僕の場合、実年齢46歳(正確には来月になります)ですので、体年齢が実年齢よりもマイナス17歳の29歳と数字が出たので、色んな面で説得力が出たかな~って思います。

以上が、家庭用の「体重体組成計」で測った数値です。

どこまで信用するか?

という点がありますが、一応セキザップを真面目に1ヶ月続けた場合、こういう結果になりましたので、セキザップの効果は出ているかな~と思います。

関連記事一覧