アイディアと感性と基礎理論

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

何故勉強が必要なのか!?

今日の記事は、あまり好きな人がいない「勉強」についてです。

どうして勉強が必要なのでしょうか?
また、それを続ける意味ってあるのでしょうか?
という素朴な疑問についてその意味を僕なりに定義付けしてみました。

ぼんやりと・・・勉強はした方がいいと思う方は結構いるかと思うのですが、じゃあ実際にやり続ける人はどれくらいなのでしょうか?

僕の中では勉強をすることは、想像力とアイディアの材料を頭に放り込むように感じています。

その想像力とアイディアの材料は「理論」と「体験」。

どんなことでも理屈があって何かの現象や結果につながっていると思います。
美容の仕事なんてまさに理論に裏付けされた、化学であって、物理であるかと思います。

だから、勉強をしない人とし続けた人には必ず結果に違いが出てきますよね~。
それも過去の理論と現在の理論とでは、その精度や理屈が変わってきています。

そして、この理論を無意識に出来る・・・
言い換えれば、自身のものとするには練習などの体験の積み重ねが重要です。

そしてこれらの様々な情報の蓄積があってこそ、想像力も膨らみやすくアイディアも出やすくなると思います。

何の情報もないままに、または情報が少ない状態では、頭が考える材料が少なすぎて豊かな想像、キラリとしたひらめきは起きにくいんじゃないでしょうか?

だから、勉強をする!

よりお客さんに素敵なヘアスタイルを提供するために、お客さんの困りごとを他の誰よりも理解し、対応できる自分になるために、新鮮な理論と体験の情報を頭に感覚に詰め込んでいくんですよね。

鮮度の高い理論は、お客さんに常にワクワクする期待感を与え続けます。
鮮度の高い体験は、ミスを避ける感度を常にいい状態に保ちます。

これを怠ったとしたら
マンネリ化しお客さんからはいつか飽きられるでしょう~
ミスが起きるというよりは、お客さんの期待するイメージと結果の差が出始めて、お客さんの心に不安感と不満を芽生えさせるでしょう。

この鮮度の高い理論と経験と過去の理論と経験をお客さんが体験したら、大きな差をきっと感じることでしょう。
だから、常に勉強が必要なんじゃないでしょうか?

そういうことがお客さんの心理的にはすごくあるので、僕はSSAの授業を勧めていますし、1度よりも2度と毎年情報更新をするSSAの授業に繰り返し参加することをお勧めしています。

勉強する理論も体験も鮮度が重要ですからね!

僕自身も鮮度の高い理論を仕入れていますが、それも含めてSSAの理論は常に進化し、そしてお客さんに常に期待を与えられる情報が満載です。

ここ重要です!

お客さんが常に期待する情報を探すと意外に見つかりません。

自身で新鮮と思った情報は意外に僕たちから見たら3年前の情報だったり、アクロバティックで危険性が高い情報だったりするからです。

ハイ!ネットなどに最新情報と思われる記事などが出てきますが、SSAではすでに色あせた情報がかなりあります。

時々ちょと違うかな~ということもあります。

それはその情報より3年、5年先を見ている人からしたらその先に何が起きて、それが進化するとこうなるという進化過程をすでに体験しているからです。

何を学ぶかで、お客さんの期待値は大きく変わります。
SSAを学ぶことで後5年間はその期待値を高め続けることができるでしょう。

もしもお客さんに常にワクワク感を与え続けられたら・・・と思うのでしたら>>>SSA HP をごらんください。
そして、飛び込んでみませんか?

関連記事一覧