一つ一つの希望の火種を皆んの心に!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

僕はふと新しいことを始める時歴史上の人物で一番尊敬している「なせばなる、なさねばならぬ・・・」で知られている上杉鷹山(うえすぎようざん)公のことを思い起こします。

鷹山公は僅か17歳という若さで米沢藩(現在の山形県)の藩主となるのですが、その米沢藩は財政破綻寸前の藩でした。

この藩を改革するにあたっては当然反対勢力(私利私欲を肥やす権力者)が様々な妨害活動をしてきます。

その中で心を同じくする部下、庶民とともに財政改革を成功させるのですが、この時「心の火種」の話をしています。

この火種は初めて鷹山公が米沢藩に入る時にあまりの酷さに呆然とした時、ふと冷え切った火鉢を覗いてみると小さな火種が残っていました。

その時鷹山公が心に秘めたエピソードが僕の心に刻まれました。

この米沢は今はこのように冷たい灰だけども、その中には少数ではあるけれども火種がある。
この火種は自分たち自身。
そして、その改革の火を他の灰に移していくことで火は広がって大きな炎となる。
だから、自分たち自身が火種となり皆んなの心に火をつけていこうって。

2013年初めてのSSA説明会
2014年初のSSA Basic開校
2015年全国一の参加者数になったSSA Basic

先日はその札幌SSA Basicのファイナルが無事終了しました。

この日を迎えられたのも関わりあう皆んなの心に希望の火種、お客様に対する責任という火種が次々に灯り始めたからでしょう。

 

僕は、思います。

こんなすごいチームメンバーとこんなに美容に熱い仲間とともに美容の未来を真剣に考えられる環境に今いることを。

この環境は最高に楽しく、そしてこれが仕事になっている自分は幸せです。

導いいてくれた方々、そして自分の運命に感謝です!

関連記事一覧