ブログ記事がビジネスにリンクしているか?

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

最近、ブログの影響力を認識してブログを熱心に書かれる方が増えてきましたね。
書く前は大変なブログですが、仕事の一環として書くと意外と続いたりもするものです。

そこで、色々な方のブログ記事を見ていてふと思うことがあります。
それが、これってだれが読んで面白いんだろうな~?ってこと。

例えば理美容師さんが書くブログ。

これでお客さんお店に来たいと思うかな~?
これって、何を言いたかったのだろうな~?

そういうブログ内容も多々目に付きます。

多分、毎日書くとか週に何記事書くとかという日課をこなしているために記事が消化試合みたいな感じになってしまっているのかと思います。

僕は、先週の金曜日記事を書くのを止めました。
ちょと風邪をひいて病院にも行っていたのと、微熱があって伝えたいことが浮かばなかったからです。

無理して書いても面白くないし、僕も手が進まなかったからです。

ですので、無理して記事を書くのであれば次の日にしっかりと内容を書いた記事をあげたほうが良いかと僕は思います。

つまり、今のブログを仕事で書いているのであれば、ちゃんとその記事が営業的に活きるかどうかを考えた記事を書いたほうが同じ書くのでも意味が違うと思うんです。

まあ、営業的に書くといっても色々な流れがありますが、多分こういう記事を書いたら新規のお客さんがお店に興味を持ってくれるであろう・・・とか、こういう記事を書いたら既存のお客さんは喜ぶであろう・・・とか。

そういう目的が明確で、対象者にとって読むに価する内容の質になっているのかを考えて書くべきかと思います。

そこには、美容のこと以外でも美味しいお店の紹介や映画の紹介などでもいいと思います。

ただ、どうせ書くのであればそこにいってみたい!とか観てみたいっていう感情が動くような情報を盛り込んだほうがより仕事としてのブログの価値になるかと思います。

営業的に活きる記事を書く!
単なるルーチンで考えがあまりない記事を書くのであれば休む。

そういう質の維持を心がけることで記事を書く手間も時間も無駄にならないのではないでしょうか・・・?

関連記事一覧