どういう姿勢で取り組むか?だと思う

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

たまに、僕がSSAの授業の最後に受講生の方へメッセージをお伝えすることがあります。
そのメッセージを時折もう一度聞きたいと言っていただくことがあります。

今日はそのメッセージをご紹介しようかともいます。

何をするにしても大変なことは変わりありません。
大変ならば、できるだけ続けられる姿勢、そして気持ちのけじめって僕は大切なんじゃないかと考えています。

例えば直立して1h立つこと
中腰で1h立つこと

どっちが楽かといえば立つという行為は同じにしても、中腰ってきつくないですか?

勉強をする時を考えてみると、ダラダラとなんだかんだできない理由を挙げてみたり、のめり込めない場合は中腰でいるのと同じ辛さがあると思うんです。

つまり、中途半端な状態です。
だったら、そのような勉強はやめて違うことに時間を費やした方がよっぽどいいのかな~って思います。

ようするに座ってしまおうってことです。

逆にやると決めたら直立!
徹底的に集中してそれに向き合う。

きっと、質のいい充実した勉強ができるはずだと思いますし、僕自身も大学受験の時の勉強に対する姿勢と今の姿勢って全く違うし、結果も大学受験の場合は希望校には入れなかったけど、今は思い描いたことが次々に実現しています。

そして、家族や社員さんからは体を心配されたり、周りの方からも忙しそうね~って言っていただけますが、楽しくて仕方ありません。

ですので、同じ時間を過ごすのであれば立つ!
この言葉にはそういう意味を込めて受講生の皆様にお話しさせていただきました。

そして、もう一つの言葉・・・

はっきり言って、僕たちの業界は今はかっこいい素敵な職業としてみられていないと思うんです。
だから、就職希望者が激減・・・。

でも、違うんですよね~
中にいる僕たちはその価値も魅力も十分にわかっています。

ただ、周囲にはその魅力が全然伝わっていない!

その理由が、僕たちがかっこいい生き方、素敵な後ろ姿を世の中に見せられない状況があるからだと僕は思うんです。

働く環境整備、自分たちの仕事に対する熱意、豊かな生活風景etc・・・。
なので、離職率、就職希望者数こういう問題は今現場に立っている僕たちに責任があると思うんです。

子供達がぼくは、わたしは将来あの美容師のお兄さんみたいになるんだ~
あのお姉さんみたいになるんだ~

って、言ってもらえる自分たちでいなければダメなんだって思うんです。

できれば、お店に来ているお客さんの口から
うちの子美容師にしたいんだ~って言ってもらえるくらいの将来が希望に満ち溢れている可能性を感じられる業界であったり、自分たちでありたいな~って思います。

この言葉には、今の自分たちの現状と未来に向けた自分たちのあり方という意味をもたせています。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧