シャンプー評価は使ってから言いましょう

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

ここのところシャンプーソムリエ達が口を揃えていうこと。
それが・・・

「シャンプーのCMやパンフレットに書いてある期待感が実際に使ってみると違うことが多い」
ってことです。

また、全成分表示を見てみるとなかなかいいんじゃないかな~?
って思えるものもその期待にそぐうかどうかも使わないと分かり難いのが現実です。

よく、CMでやっていたからっていう理由でシャンプーを購入する方は多いと思いますが、どうですか?
浴槽に使い切れないシャンプー剤が何本か放置されていませんか?

放置した理由はなんなのでしょう・・・。

本当に自分の髪や頭皮にあっているシャンプー剤でしたら最後まで使うと思うんです。
さらに、そのシャンプーが気に入ったらリピートしますよね。

これは、薬局に売っているシャンプーだからダメということではなくって、自分の髪や頭皮のこともわからない状態でイメージだけで購入する買い方が良くないんです。

だって頭皮もさまざまでしょ~?
カサカサしている
油っぽい
匂いがきになる
痒みがある
赤い湿疹がでている
etc・・・

さらに髪も
太さがまずは人それぞれですし
癖が強いのか弱い癖があるのか、ストレートなのか
さらに傷み具合も人それぞれ
ヘアカラーもアルカリなのか、マニキュアなのか、塩基性なのかヘナなのか
パーマもウェーブなのか、カールなのか、ストレートなのか
etc・・・

いろいろな条件が人それぞれ違います。

それだけ違う種類があるなのに、その組み合わせにベストなシャンプー剤を誰がわかるでしょうか?

このブログを読まれている貴方!
貴方の隣の人や目の前に人と頭皮も髪の状態も全て一緒でしょか?

かなりの確率で違うはずです。

ですので、専門家・・・特にシャンプーソムリエに診てもらって、どういったシャンプー剤がいいのかのアドバイスをしてもらわないとシャンプー選びは難しいですよね~。

それを踏まえてからのオーガニックが良いとか、無添加が良いとかという付加価値の部分に自分の嗜好を合わせていく。

そういう現状を知ると現段階ではあまりにもシャンプーを選ぶ基準がなさすぎ?!
そんな気がします。

僕はよくこんな話をします。

毎日使うものこそちゃんと選ばないとダメ

だって。

それは、毎日使うものは毎日良くも悪くも髪や肌に影響を与え続けてしまいますからね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧