原因不明の肌荒れ対策

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

突然肌が荒れ始め、病院に行っても原因不明・・・
塗り薬を出されて様子を見る。

こういった症状の経験はありませんか?

実は、こういった原因不明の肌荒れでお悩みの方は
「自立神経の乱れ」を疑ってみては?

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」とがあります。
交感神経が優位に働くと血管は収縮します。

副交感神経が優位に働くと血管が拡張します。

このことを踏まえて肌荒れの原因を考えると・・・

肌への栄養や酸素は血液から運ばれていきます。

血液や酸素が十分に行き渡れば体温も維持でき、免疫機能も当然順調に働きます。
しかし、交感神経が優位の時には血管が収縮しますので、体温や酸素量は低く、免疫機能も低下します。

結果肌の調子が悪くなったり、荒れたりします。

この自律神経の乱れの原因は血糖値などの上昇やその他色々とあると言われています。

内面的な影響は複雑なシステムが絡んでいるのですが、簡単なところで言えば首を冷やすことだと言われています。

つまり、首を冷やすということは、髪を洗って乾かさないなどの状態。

ですので、肌荒れが気になる方・・・

特に髪の長い方は髪を洗った後に濡れた髪が首に長時間触れていないように、すぐ髪を乾かすことを脳神経外科医の松井先生は勧められています。

これはヘアケアの分野では
濡れた髪は髪の強度が低下している時なので乾かしましょう。
頭皮が濡れた状態だと頭皮に雑菌が繁殖しやすい状態なので乾かしましょう。

そんなことを提唱してきました。
しかし、濡れた髪を乾かすということは肌に対しても重要だってことが言えるんです。

また、肌荒れを起こしていなくても慢性的なだるさが取れない方なども自律神経の乱れが原因と言われています。

ですので、首を冷やさない等以外にも対処法はあるものの
身近なところで髪を洗ったら髪を乾かすっていうことは非常に大切だってことですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧