シリコーンと上手なヘアケア

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

どうしても、シリコーンを否定する傾向にある現在のヘアケア文化。
僕も以前はシリコーンを否定していた時もありましたが今は使える成分として認識が変わっています。

以前は、シリコーンが頭皮を埋めてしまうとか、髪に残留したシリコーンが剥がれる時にキューティクルも剥がしてしまうとか、乾かないとか色んな弊害が謳われていましたよね。

確かに、おの白いことに僕が美容師になりたてのころにシリコーンが美容業界で流行り始めた時から色々な弊害が実際にありました。

10年くらい前にはシリコーン入りのシャンプー剤のテストししていると徐々に髪がパサついて硬くなったという検証もしたことがありました。

では、やっぱりシリコーンってダメなのかな~?
最近はノンシリコンブームやオーガニックブームもあって、パラベンやラウレス硫酸Naなどとともにシリコーンもかなり悪役にされています。

僕からしたらこれらは味方に付けた方がいいと思っています。
だから、僕にとっては悪役ではないですね~。

僕の中での悪はネット上で、ビジネス目的で偏った理論です。

では、なぜシリコーンを僕は味方にしたいのか?
それは、ヘアケアに於いては髪をダメージから守るため。

特にハイダメージの髪は表面のキューティクルがほとんどなかったり、かなりリフトしています。
ザラザラしていたり、引っかかったり、絡む状態の髪ですね。

このような状態の髪はシャンプーやその他の美容成分以外に物理的なダメージをすぐに受けてしまいます。
つまり、絡んだり、ひっかかったりした時に伸ばされたり、摩擦でキューティクルが割れたりしていきます。

特に引っ張ったり、曲げたりするとキューティクルって剥がれやすくなってしまいます。
そういう髪にオイルやその他の皮膜成分を使って保護をするわけですが、やっぱりその分野ではシリコーンってかなり有効性があります。

僕も自分の髪で色々とテストをするのですが、最近のシリコーン配合のトリートメントやコンディショナーは優秀だな~って思います。

何せ僕の髪はパーマ、ヘアカラー、シャンプー剤のテストなどの繰り返しで毛先はかなり痛んでいます。
ですので、その違いは明白です。

あとは、質感の問題です。
これは、上手にシリコーンを使っている製品とちょとやりすぎっていう製品がありますので、この部分は髪質やヘアスタイルで見つけ出す必要があるかと思います。

ですので、髪やヘアスタイルのことを熟知している理美容師さんほどシリコーンに対しては否定的な意見は少ないかと思います。

逆に、髪のこともヘアスタイルのことも知らない人ほどシリコーンを悪人に仕立て上げている。
僕はそう感じています。

ノンシリコンブームにあまりにも影響されすぎて本来のヘアケアの目的に気づいて欲しいと思います。

【追伸】
トリートメントやコンディショナー、アウトバストリートメントなどのシリコーンはアリだと思うのですが、僕自身はシャンプー剤だけはあまりシリコーンを含む油分の配合はなるべく少ない方がいいと思っています。

あくまでも今現在の僕の経験と知識の中での考えですが・・・。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧