安売りもせずに、売り上げがあがるサロンの秘密

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

先日、こういう仕組みがあると自然にスタッフさんの気づきが増え、お客さんと向き合い、いつの間にか高単価の美容室が出来上がるんだな~っていう仕組みを作られたサロンオーナーさんとお話をすることが出来ました。

多分、現役で活躍している、または活躍されていたサロン経営者の方がたは、元々ポテンシャルが高くって売り上げを上げていた、またはリピート率が高かったのではないでしょうか?

これって、技術に置き換えてみると、センスがいいスタイルつくるな~って人。

でもどちらも天然なのでポイントを言葉にできなかったり、理論体系化できないものです。

その技術やセンスを理論体系化したのがSSAの教育内容なのですが、誰でもこの理論を学べば感覚ではなく計算しされた失敗のないパーマやヘアカラーができるようになります。

これと同じように、客単価が高く、リピート率も高い人が育つ理論体系化された教育でした。

当然、リアルな現場主義の理論ですので、落とし込みの方法までしっかりとつくられていました。

それも、10年間毎年ブラッシュアップされているので、どのサロンにもどこの切り口からも移植可能というところも素晴らしいと思いました。

最近、本物という人や商品に出会うことが増えてきた中で、現場に徹底して落とし込めるその部分の教育にはなかなか出会えていなかったのでやっと出会えたって感じです。

もちろん、すでに僕はそのサロンさんのリアルな状況も見ていますので、単なる机上論や他業種のビジネスモデルをちょと美容用に改良したという、ぱっとみ凄いけどいざ取り組んでみるとなかなかサロンビジネスにはおとし込みが難しいというものとは説得力が違います。

今後、キュベシノブ認定サロン様やシャンプーソムリエサロン様などには必要であれば伝えていきたいな~と思っています。

面白ことにこの出合いはSSAと手荒れ撲滅プロジェクトだったんです。
何か目指すべき方向性が似ていると必然的に出会うのでしょうか・・・?

また、ご興味がある方は僕に聞いてくださいね~

関連記事一覧