聞く勇気と聞き方

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

おしそがしい所いいですか・・・?
○○ってなんですか?

ついわからないことがあると、聞きやすい人にこのような質問をしていませんか?
多分、質問を受けた人は答えてくれるかもしれません。

その反面、内心ではこれって調べればわかることなんだよね~
って、思っているかもしれません。

その一人は僕です(笑)

ただ、これは絶対にわからないだろうな~って感じる質問や
結構調べた上で、頼っているな~っていうこともなんとなくわかります。

そうそう、そういえばFacebookで友達でもなんでもない方から時折唐突な質問を受けるときもあります。
以前は答えていたこともありましたが、全く関係性のない方にはお答えしないようにしています。

また、質問をしておきながら本人のプライベート情報が一切書かれていない人。
これも今はNGにしています。

何故なら、答え=知的財産でもあって、その知識は関係性のある方に分け与えるものですから。

ちょと、心が狭いかな~?
って、思うときもありますが何故か僕を辞書代わりにする方が何人かいたのでやめたんです。

僕だって、知識を得るためにかなりの時間とお金を費やしてきました。
それをいとも簡単に与えていいものだろうか?

そう思っています。

また、質問をする上でも何を聞いているのか、何なわからなくって教えて欲しかったのか?
そういう意図が伝わる質問の仕方も重要ですよね。

つまりは、考えて考えて出た質問って伝わる質問になっているんですよね。
そして、それまで考えてきた事と質問に対する回答が揃う事で理解度が増します!

つまり、聞き方にも相手を思う聞き方があると思います。
そういうのって大事だよな~

また、わからない事をわからないままにしてしまうのも逆に良くないですよね。
何かを学んでいるときはそういう所を一つでもなくす事が自分自身の目的です。

ですので、こんなの聞いたらマズイかな~?
っていう質問でもどうしても分からなければ聞いた方がいいと思います。

多分、今学んでいる事が来週くるお客さんに絶対に必要な知識や技術だったら確実に問題点をクリアーにしておくのがプロ。

つまりは、時を合わせる。

時が決まったらそれまでに自分はそうあるべきかをイメージして様々な事柄を身につけておく事。
そして、以前よりも満足度の高いヘアスタイルを提供する。

多分、それがプロとしての責任ではないかと僕は思っています。
ですので、勇気を持って聞いてみる。

この考え抜いた末の質問と、勇気を持って聞くことは同質であればあおさら良いと思います。

聞く勇気を持つ
聞き方を考える

この2点を意識するだけで自己成長が促されます。

聞く勇気を持つ
聞き方を考える

是非、できていないな~って方はやってみてください。

関連記事一覧