仕事とプライベートの時間を平行できるのがSNSと実感

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

今年は昨年以上にメチャメチャ忙しい~(汗)
でも、仕事の内容は充実しているし、お陰様で売り上げも順調に上がっています。

多分、新規顧客の獲得軒数なんて同業者の方に言ったら絶対に信じられないと思います。

こういうのって数年前まで考えられなかった僕の中での新しいビジネスモデル。
でも、僕の会社的にはこうぜさるおえない最悪のビジネス環境があったからこそ、知恵を振り絞り、思い切りができたのかな~って思います。

だって、今までは一軒一軒お客さんを訪問して商品説明して、夜はセミナーして、経営やスタッフ教育の相談に乗って・・・家に帰る時にはもう奥さんとの会話なんてできる余力さえ残っていませんでした。

おまけに、一番近くの客先へ行くのにも5キロ以上は離れていますし、沢山の商品、沢山の営業マンがをかかえる同業他社が全国展開をしていますから(汗)

その生活を10年間やってきた時にエクスマでブログの可能性を知り
そして、エクスマ同期でいまやエクスマでは藤村先生の側近のような「まちゃ」や「かっちゃん」にSNSの面白さを教えてもらって、ひたすらそれを会社の仕組みに取り入れられるように試行錯誤してきました。

現在僕がこのインターネット上で行っていることの一部をお話しすると

①毎日お客さんにとって有意義な内容のブログを書く
この記事は毎回あちこちにリアルに顧客や生徒さんと会うことで伝えたいネタが増えていきますので、机上論ではなくって現場で感じることが大切かと思って、いつも現場で感じたことを記事に落としています。

②書いた記事をFacebookやTwitterでシェアする。
以前、毎回シェアはうざいかな~?って思っていたのですがいまはリンク先からブログを読む方が殆どですのでなるべくシェアしようと心がけています。

③社内の業務連絡はFacebookのグループページで常時行う
報告書も、連絡事項も、僕からの指示も全てこのブループページを活用しています。
ですので、電車に乗っていようが、遊んでいようがどこでもリアルタイムで双方向のコミュニケーションが取れています。

④Facebookのグループページでより濃密な情報発信やフォローを行う
Facebook上には様々なコンテンツのグループページ(約20個以上)があってそこに必要な口外できない重要な情報をいつでもどこでも出したいときに顧客へ発信して伝えることができます。
もちろん、画像であろうが資料データであろうが全てです。

⑤セミナーイベントはFacebookのイベントページで非公開で集客
たまに、イベント外エリアの方から内容が見れないというメッセージを頂きますが、非公開にしているためそうなっています。

⑥商品の受注は承認制のサイト「アンビエンスプロ」にて行う
ここでは、僕が客先で伝えたい商品特徴などの詳細説明まで書いていますので、殆ど知りたい情報はそのサイトを見ることで完結します。
また、④のグループページではさらに詳しい情報を発信しています。

⑦顧客からの連絡や問い合わせもFacebookのメッセンジャーで対応
電話では合わなかったり、伝え漏れなどがありますが、メッセンジャーの場合は画像も、資料データもそして詳しい説明も飲み会の席であろうが、レジャー施設で楽しんでいようが数分で返信ができます。
これはよく「敏速な対応ありがとうございます!」というコメントをいただきますが、知りたい時になるべく直ぐに回答が欲しいのが人の常。
それに対応し易いと思います。
また、もともと美容師をしていたせいもあって接客中の業者さんの話ってチョットいやだった経験もあってのこと。

ざっとそんな感じで僕の1日は動いていますので、365日顧客対応もできますし、空いた時間にセミナーをしたり、顧客へ訪問したりと時間コントロールが自由にできるようになりました。

まあ、これは僕一人ではなくって会社の皆んながそのサポートをしてくれているから稼働できているのはいうまでもありません。

お陰で出張先ではお土産の買い出しいらいがたまに会社のグループページに届きますが(笑)

全てがインターネット上で完結することはないと思いますが、僕的にはすごく便利だと感じています。
そして、そのお陰でそこで繋がった顧客との関係性や生徒さんとの関係性はあったかい感じで繋がれていると思います。

【シャンプーソムリエアカデミー 第1期】
お陰様で各エリア定員となりましたので募集を締め切らせていただきます。
第2期生募集は日程が決まり次第告知させていただきます。
 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧