エイジング毛へのヘアカラーの負担はかなりヘビー

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

もう、35位からでしょうか・・・
白髪が出てきたのは。

男性と女性とでは白髪の発生する時期が違うようですが、それでも40代になればある程度の方には白髪が生えています。

白髪が生えてくるこういった年齢でそれ以外の髪の変化も幾つかありますね。
例えば、髪の弾力がなくなってきた・・・
艶がなくなってきた・・・
パサつきが出やすくなった・・・
細くなってきた気がする・・・
癖がではじめた・・・
抜け毛(汗)

これらは基本的に老化現象の影響です。

つまり、髪の老化現象=髪は見た目は健康であってもダメージヘアと同じ状況になっています。

そんなダメージヘア同然のエイジング毛ですが、白髪が生えているので白髪隠しと言われる白髪染めも頻繁に行うこともありませんか?

僕も月に1~2回は部分的に生えてきている白髪を染めたりします。

そこで、よく考えてみると本来ダメージ毛(=エイジング毛)に対してヘアカラーの繰り返しってあまり良くないですよね~。

でも、白髪染めって髪に対する負担は以外とあります。

そういう矛盾をどうやって解決したらいいのか?

そんな、課題に対して考えられたヘアカラー理論が実はあるんです。
ただし、それに見合ったサロンカラーが今までに存在していませんでした。

そういうサロン現場の矛盾を解決する新発想のヘアカラーシステムがどうやら開発されてるようです。

まだ詳し情報は出ていませんが、7月以降にはそういう新発想のシステムや、エイジング毛に対する理論解説などを公開するイベントが各地で行われるそうです。

こういうイベントはすごくいいですよね~。

特に白髪が出てきた人にとっては理美容室でのヘアカラーによるダメージレス&色の楽しみが出来るのはありがたいですからね。

ということで、この画期的なヘアカラーシステムと理論のイベント情報が入り次第、フェイスブック上でイベント紹介を僕の方でさせていただこうと思いますので、楽しみにしていてくださいね~!

シャプーソムリエアカデミー第1期生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧