否定や批判をするのは二流、一流は使い道を示せる人

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

僕はネットの情報サイトが好きじゃありません。
だって、批判が多いから。

批判って善悪がある時に悪を批判するのは正当だと思いますが、そのこにある批判は善悪ではなくって利己的な批判で人を幸せに導くことではないから・・・。

僕はそんな批判サイトを見るとそれを信じている人のことを考えて欲しいって思います。
まあ、批判はサイトに限らずセミナーなどでも何かを悪に仕立て上げ、自社製品を善とする売り方もありますね。

僕はそういうのってよくないのではって思うんですね。

例えば前情報でいい感じの商品や技術が生まれたらしいという場合。
その商品や技術が画期的ですごい!

・・・でも、今の段階ではこういう欠点はありますよ。
っていう情報はアリかと思うんです。

でも、いい面を伏せて全面的にダメ出しは二流の行うことだと思います。

化粧品業界でもそういう風潮を払拭する正義の協会が誕生して先日本も出版されました。

僕もすぐに購入してみましたが、こういう真実を多くの方に知って欲しいな~っておもいます。
基本的な成分情報や界面活性剤の事が書いてあるので基礎知識を整理するにはとってもいいと思います。

そして、この本を見ながらネット情報と照らし合わせるとどのサイトが古い情報サイトかがある程度判別できますよ!

僕はこれを後押しする感じで僕なりの活動をしていこうと思いますが、やっぱり一流はその商品や技術の活かし方を知っている人かと思います。

ぼくが携わっているSSAはまさにそこを考えているので共感します。
例えば、講師人がセミナーを依頼されたとします。

しかし、そこに用意された薬剤は理想の薬剤とはチョット違う薬剤。
しかし、その薬剤の個性を読み取ってその薬剤のもつ最大限の威力を引き出して結果を出す。

本来であればもっとこうしたらいいのにっていう事があるにしても
ダメではなくって、そのものの良さを活かす方法論を考えて結果を出す。

これが一流じゃないですか?

だから、否定や批判をするのはカッコ悪いと僕は思います。

ただし、それが悪であればその悪を避ける知恵と判断基準を多くの方は身につけるべきですし、そのための情報の発信を一流はしていくべきかと思います。

二流と一流の差ってそういうところで、信じるべき情報はやはり一流の情報。
二流の情報には否定や批判がたくさん盛り込まれている。

これだけでも見分けがつくのかな?って思います。

シャプーソムリエアカデミー第1期生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧