鉱物油(ミネラルオイル)がよくないというのは都市伝説

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

ここのところ自然派志向が高まり、過去に肌トラブルを起こした原料たちが悪者扱いされています。
だいたい1970年頃の昔話のような情報がネット上で広がっています。

例えば、鉱物油またはミネラルオイルもその一つです。
ちょうど僕が生まれたのが1969年ですので、僕が赤ちゃんの時のこと。

鉱物油を使った化粧品で油やけを起こしたことがあります。
この時の鉱物油のトラブルが未だに肌によくない、危険というすでに僕からしたら都市伝説が出回っています。

しかし、この肌トラブルは鉱物油自体が原因ではなく、精製度が低かった鉱物油に含まれていた不純物質だったんです。

しかし、1970年と2015年のこの間にダイヤル式の固定電話は今ではスマートフォンになり、車も今では快適な移住空間と乗り心地を実現。

どこかへ行く時は地図を頼りにしていたのが今ではナビゲーションが勝手に案内してくれています。

さらに、手紙はメールになり、今では無料のSNSで24時間いつでも連絡がタイムリーにとれる環境になっています。

それだけ様々な文明が進化してきているにも関わらず、化粧品原料が進化しないわけがありません。

現在はその精製技術も向上して1970年代頃の精製技術とは比べものにならないくらい純粋なる鉱物油の抽出ができるようになっています。

つまり、すでに鉱物油は安全な原料になっています。

この鉱物油の分類で代表的なものはワセリンやミネラルオイルがあります。

ワセリンなんて皮膚科に行かれたことがある方は処方された経験はないでしょうか・・・

皮膚科が皮膚トラブルを引き起こす鉱物油類を治療で処方するでしょうか?
ということで、鉱物油系は今では安全な成分にいまはなっているんですね。

これで少し、化粧品などを選ぶ幅が広がったんじゃないですか?
インターネット上にはこうした都市伝説が沢山散らばってます。

この都市伝説のおかげで多くの化粧品メーカーさんや研究員さんは?を持ちながらしょうがなくって違う成分を選択して採用したり、処方を工夫しています。

思うに、このような危険を謳う情報が正されることで、もっともっと素敵な商品が誕生すると思うんですよね~。

シャプーソムリエアカデミー第1期生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧