SSA 第6期スタートしましたが授業の側面をご紹介!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

昨日はいよいよですがSSA本校コース第6期が始まりました。
6期の内容ははっきり言って今までの5期までの内容からさらにスケールもレベルもアップしていました。


Round-1の講義をする有本さん

このSSAは最新の情報を常に更新していますのでそれもうなずけます。
今回の6期生は殆どがSSA Basicの卒業生ですので、ある程度の基礎知識がある方達です。

そのためか、有本さんも少し話しの深さを増された感じがします。
おかげで、僕自身もいい学びができました。

また、僕も1コマお話をさせていただきました。

僕は界面活性剤のところを担当させていただいたのですが、その界面活性剤自体を知ることも大切なのですが、本校生に限っては有本さんの話しを理解できないとダメなんです。

そのためには有機化学の基礎知識は絶対的に必要になってきます。
そこで、有機化学などにも内容を触れさせていただきました。

僕たち本校生としては、有本さんの新しいアイディアを分子構造式などを用いて理論的に説明されるので美容師ってこれまで勉強しないといけないの?って思う面もありますが、これを知らないとせっかくの有本さんの話しがチンプンパンプンになってしまうんです。

やはり、本校生は一味違うってことですね。

また、そんな頭が数分でパンクしそうな本校ですが、こういうこともしっかりと学びます。


ここはアップルストアー!?

まずは、参加資格としてMacを用意していただきます。
このMacはデータの共有や自身で授業内容のスライドを作ったりとMacをフルにSSAでは使うためです。

そしてそのMacを使いこなすためにMacの使い方の授業も入っています。

6期生一人一人に本校生がサポートに入りMacの使い方を指導しています。

さらに、厳しい中にもこんなホッとする一面もあるんです。


お菓子

全国から熊本にSSA生が集結しますので、毎回全国のお土産が差し入れで集まります。
ですので、休憩時間にはお菓子の食べ歩きができるんです。

こういう、ONとOFFが徹底しているので頭はパンパンですが、11:00~20:00までの長時間の授業もなんとかついていけます。

さらにその後は本校卒業生との懇親会が催されます。

今回僕は担当カリキュラムが終了したのが19:00でしたので、終わった瞬間皆さんに挨拶もそこそこで飛行機の時間があり5分後にはタクシーに乗っていたという状態で、参加できませんでした(涙)

特に、僕の授業は駆け足で話す感じでしたので、懇親会でフォローに入りたかったのですが、残ってくれた在校生にそれを託して移動させていただきました。

今回授業で僕と有本さんが使ったファイル枚数は148ファイルありますが、6期生はこのファイルをMacのkeynoteで全部自分自身のテキストとして作ってくるという宿題が出されます。

つまり、最低でも150フェイルから200ファイルは作らなければ宿題をやったことにはなりません。
なぜなら、授業でのファイルは詳細が簡素化されてるからです。

教育者を育成するSSA本校。
別名美容の虎の穴・・・

ますます、進化しています。

関連記事一覧