ステロイドはアトピー性皮膚炎の薬では無い!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

ステロイドに関して色々と調べたり
肌荒れに関する情報をまとめてみたり

そういうことを日々行っているのですが
ステロイドを劇薬の様な捉え方をしていたり
アトピー性皮膚炎に対する治療の最終手段のように思われているような気がします。

確かに、ステロイドによる副作用も確認されているようですが
僕の家庭の場合は症状によって使うこともあります。

それは、肌荒れを治すため最短の方法を選択した場合です。
特に、ひどくなってしまいそうな時にステロイドを瞬間的に使います。

このステロイドのあり方ですが実際にはアトピー性皮膚炎を治すものではなくって
炎症がひどく保湿剤などの薬や化粧品類では症状を治癒できそうも無い場合に使う薬かと思います。

これを使うことで一番いのが肌の炎症が止まることです。

肌の炎症が進んでしまうと、角質層はボロボロになりおまけに痒みもひどくなってかいてしまいます。

すると、さらに肌の炎症や痒みがひどくなって慢性気味になっていってしまいます。

この慢性気味になることが一番避けなければいけない症状かと僕は感じています。

専門家ではないので正しい情報とは言い切れませんが
僕の場合はこのような見解を持っています。

また、そういった症状が元からでないようにする努力も必要ですね。

ただ、これは体質などの関係もありますので根治に至るまでは様々な角度でその症状と向き合う必要があるかと思います。

それだけ、皮膚トラブルは複雑のような気がします。

ですので、ステロイドを使って早く炎症を抑えて、保湿などを併用して肌を短期間で治癒していく。
こういう方法を肌荒れがひどい場合は参考にしていただければな~って思います。

シャプーソムリエアカデミー第1期生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧