あやふやな知識をつなぐ作業が視野を一気に広げる!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

昨日は福岡でSSAAdvance、金沢でSSA Basicが行われ
そして僕は本業のお仕事のひとつになりました「シャンプーソムリエアカデミー」を名古屋で行わせていただきました。

SSAの授業も、シャンプーソムリエの授業も全て根本的原理原則を理論で整理し、頭の中に点在するあやふやな知識や情報を繋ぎ合わせて、ひとつの知識の判断基準を確立します。

この判断基準がきちんとあることで、物事の良し悪しがわかったり、情報をつなぎ合わせることでアイディアが浮かんだり、知識をつなぎ合わせることで様々な方法論が導き出されていきます。

そうなることで、情報に惑わされない判断ができるようになっていくので、仕事の質もおのずと高くなり、それがお客さんへ還元されていきます。

シャンプーソムリエでは、シャンプー剤の基本からそれにまつわる薬事、界面活性剤の特性をより理解するための有機化学等を中心にRound-1は行われています。

このRoundでほぼ界面活性剤のことについては理解することができます。

この授業は5hですが、1h~2hくらいは知らない情報や見慣れない化学式などが沢山出てきますので頭から湯気が出てきそうになる方が殆どです。

まあ、こういう知識って殆ど得る機会もないですから納得できます。
そして、3h、4hと進むにつれてより現場で必要な知識の整理をしていきます。

すると、皆さん「わかった~」「そういうことだったのか~」という安堵の表情を浮かべ始めます。

そのあとに出される宿題。

ここでは僕がシャンプー開発をするときに使っている特別なオリジナルフォーマットを使って、様々な界面活性剤で自身の髪を洗いながら分析をしていただきます。

この洗い方にも少しポイントなどがありますが、ある意味「原料で頭を洗う!!」って可笑しいかもしれませんが、僕がシャンプー剤を解析するときにこの経験がとっても役立っているので、ソムリエになりたい方には必須項目になります。

そして、今月末には名古屋でRound-2が行われ、はれてシャンプーソムリエの称号が授与されます。

このシャンプーソムリエは一般的なシャンプーの解析をして良い悪いという判断をする人ではなくって、商品の良し悪しよりも、製品用途を見つけ出すことがミッションのひとつになっています。

つまりは、このシャンプーはどんな人に合うのかを見極める目を養っていただき、この「シャンプーはダメ」とかいう評価をすることではなくって、その商品の活かし方を考えていきます。

そして、Round-2は頭皮環境やアレルギーに対するサロン現場で必要な知識を学んでいただきます。

現在九州、北海道、沖縄がもう少しあとの開催ですのでまだまだ募集をしています。

>>シャンプーを分析し、お客さんとマッチングさせる知識を身につけたい方
>>シャンプーの専門家として自身の個性を高めたい方
>>講師活動をしていきたい方
>>ハサミは持てないけれどその分の自分だけの強みを身につけたい方
>>シャンプー選びで迷われているお客さんのヘアケアの手助けをしてあげたい方
>>出遅れたくない方

是非、参加表明お待ちしております。

シャンプーソムリエアカデミーの詳細は
>>>シャンプーソムリエアカデミー

シャプーソムリエアカデミー第1期生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧