手荒れ撲滅プロジェクト 第9弾 in滋賀

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

3日連続の自主セミナーにご参加いただいた方々は述べ80名!
東京でのシャンプーソムリエアカデミー>>>ブログ記事はここ

愛知県名古屋市での手荒れ撲滅プロジェクト>>>ブログ記事はここ

滋賀県長浜市での手荒れ撲滅プロジェクト

自主セミナー3連チャンはさすがにしんどいな~(汗)

でもすっごくやりたかったことだし、今では楽しくって仕方がないのでいい疲れの3日間でした。
おかげで久々に夕食どきには自宅へ帰り、ゆっくりとさせていただきました。

今週最後のイベントは滋賀県長浜市の美容室ISM さんを会場に開催させていただきました。

今回も20名以上の方にお集まりいただき、手荒れに関するお話と、現在力をお借りしているアクアサクラム(株)の中田さんのお話をしていただきました。

 

中田さんは以前は月5万円くらいの化粧品代を使い、まめにエステにも通われていたそうです。

しかし、アクアサクラム社を立ち上げるメンバーとしてお声がかかったときに、現在アクアサクラム社の商品に配合されている「サクラン」をただ水で薄めただけのサクラン水1本に化粧品を変えたそうです。

自社製品の要とも言える「サクラン」ですから、他社の5万円の化粧品を使うのは嘘になるので当然と言えば当然ですね。

しかし、今まで使ってきた化粧水やら乳液やら、保湿クリームやらetc・・・
それらを一気にやめるって勇気がいることかと思います。

しかし、驚く現象が起きたそうです。
毎週エステに足を運ぶと肌質診断をするそうですが、当時は肌のキメには変化なく、エステシャン曰く『現状維持』ができているのでいいんです。

・・・との解説だったようです。

そして、そのエステ店の化粧品を一切使わない『サクラン水生活』を始め、またエステサロンへ足を運んだ時のこと・・・。

いつものように肌診断をすると、なんと肌のキメが細かくなっていたそうです。
エステシャンの方も驚きその間何をやったのか?と聞かれたくらいに肌質に変化が!!

実は、手荒れ撲滅プロジェクトイベントですが、手荒れ以外にも肌質改善のお話を中田さんの経験談からもお話をしていただいております。

僕もSSAで有本さんから学ばせていただいていたのですが、肌に残していい油分とダメな油分があります。

中田さんはそれまで使っていた化粧品を振り返ると、残してはいけない油分が入っている化粧品を使い続けていたようでした。

それが酸化し、肌の黒ズミの原因の一つになっていたので、それらを一切使わなくなってからはワントーンは明るくなったそうです。

以前の中田さんの肌を見ることはできませんが、ご参加いただいた女性の方々は中田さんに、「今何を使っているのか?」という質問が必ず上がるほどですので、想像できるかと思います。

確かに、超~薄化粧なのに肌はとっても綺麗です。

そんな、説得力のある化粧品であるMaikoには4種類ありますので、もちろん皆さんに4種類体験していただきます。

そのあとは毎回質疑応答で、肌荒れ相談会になり盛り上がっていきます。
今回もいろいろなご相談をいただき、僕と中田さんである程度その場で対策をお話しさせていただきました。

中田さんは「サクラン」の効果を大学の先生や皮膚科医との情報交換をよくされているのですが、肌をあまり甘やかさないことも肌質をよくするためには大切だと言います。

そのほうが元々持っている自身の代謝機能も上がりますからね。

確かに、あれこれ中田さん自身はされていないようで、逆にえっ!それだけしかやっていないの~っていう手抜き感さえあるくらいです(笑)

基本、Maikoオンリー。

肌の代謝スピードが20代の約1.5倍くらい鈍化する年齢の女性が、そんなシンプルケアで透明感のある肌を手に入れているのですからそれもまた説得力ありますよね~。

その代謝や肌質改善に対して「サクラン」がとっても効果が高いという意見が多く、化粧品ではなくって医薬品として病院などでは使いたいとの声もあるそうです。

やはり、「サクラン」高配合のアクアサクラム社のMaikoを使うと数日で手荒れ改善効果が確認できたり、肌がきれいになってくる現状は頷けますね。

次回は浜松、鹿児島、沖縄でアクアサクラム社との手荒れ撲滅プロジェクト イベントを企画中ですので日程などが決まりしたいFacebook上にイベントを立ち上げたいと思います。

シャプーソムリエアカデミー第1期生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

3日連続の自主セミナーにご参加いただいた方々は述べ80名!
東京でのシャンプーソムリエアカデミー>>>ブログ記事はここ

愛知県名古屋市での手荒れ撲滅プロジェクト>>>ブログ記事はここ

滋賀県長浜市での手荒れ撲滅プロジェクト

自主セミナー3連チャンはさすがにしんどいな~(汗)

でもすっごくやりたかったことだし、今では楽しくって仕方がないのでいい疲れの3日間でした。
おかげで久々に夕食どきには自宅へ帰り、ゆっくりとさせていただきました。

今週最後のイベントは滋賀県長浜市の美容室ISM さんを会場に開催させていただきました。

今回も20名以上の方にお集まりいただき、手荒れに関するお話と、現在力をお借りしているアクアサクラム(株)の中田さんのお話をしていただきました。

中田さんは以前は月5万円くらいの化粧品代を使い、まめにエステにも通われていたそうです。

しかし、アクアサクラム社を立ち上げるメンバーとしてお声がかかったときに、現在アクアサクラム社の商品に配合されている「サクラン」をただ水で薄めただけのサクラン水1本に化粧品を変えたそうです。

自社製品の要とも言える「サクラン」ですから、他社の5万円の化粧品を使うのは嘘になるので当然と言えば当然ですね。

しかし、今まで使ってきた化粧水やら乳液やら、保湿クリームやらetc・・・
それらを一気にやめるって勇気がいることかと思います。

しかし、驚く現象が起きたそうです。
毎週エステに足を運ぶと肌質診断をするそうですが、当時は肌のキメには変化なく、エステシャン曰く『現状維持』ができているのでいいんです。

・・・との解説だったようです。

そして、そのエステ店の化粧品を一切使わない『サクラン水生活』を始め、またエステサロンへ足を運んだ時のこと・・・。

いつものように肌診断をすると、なんと肌のキメが細かくなっていたそうです。
エステシャンの方も驚きその間何をやったのか?と聞かれたくらいに肌質に変化が!!

実は、手荒れ撲滅プロジェクトイベントですが、手荒れ以外にも肌質改善のお話を中田さんの経験談からもお話をしていただいております。

僕もSSAで有本さんから学ばせていただいていたのですが、肌に残していい油分とダメな油分があります。

中田さんはそれまで使っていた化粧品を振り返ると、残してはいけない油分が入っている化粧品を使い続けていたようでした。

それが酸化し、肌の黒ズミの原因の一つになっていたので、それらを一切使わなくなってからはワントーンは明るくなったそうです。

以前の中田さんの肌を見ることはできませんが、ご参加いただいた女性の方々は中田さんに、「今何を使っているのか?」という質問が必ず上がるほどですので、想像できるかと思います。

確かに、超~薄化粧なのに肌はとっても綺麗です。

そんな、説得力のある化粧品であるMaikoには4種類ありますので、もちろん皆さんに4種類体験していただきます。

そのあとは毎回質疑応答で、肌荒れ相談会になり盛り上がっていきます。
今回もいろいろなご相談をいただき、僕と中田さんである程度その場で対策をお話しさせていただきました。

中田さんは「サクラン」の効果を大学の先生や皮膚科医との情報交換をよくされているのですが、肌をあまり甘やかさないことも肌質をよくするためには大切だと言います。

そのほうが元々持っている自身の代謝機能も上がりますからね。

確かに、あれこれ中田さん自身はされていないようで、逆にえっ!それだけしかやっていないの~っていう手抜き感さえあるくらいです(笑)

基本、Maikoオンリー。

肌の代謝スピードが20代の約1.5倍くらい鈍化する年齢の女性が、そんなシンプルケアで透明感のある肌を手に入れているのですからそれもまた説得力ありますよね~。

その代謝や肌質改善に対して「サクラン」がとっても効果が高いという意見が多く、化粧品ではなくって医薬品として病院などでは使いたいとの声もあるそうです。

やはり、「サクラン」高配合のアクアサクラム社のMaikoを使うと数日で手荒れ改善効果が確認できたり、肌がきれいになってくる現状は頷けますね。

次回は浜松、鹿児島、沖縄でアクアサクラム社との手荒れ撲滅プロジェクト イベントを企画中ですので日程などが決まりしたいFacebook上にイベントを立ち上げたいと思います。

シャプーソムリエアカデミー第1期生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧