化学療法と自然療法について・・・

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

ここ最近やってみようかな~って思うのが
「高濃度ビタミンC点滴」

健常者がこれ受けるとものすごく疲れがとれるそうです。
現在全国にこの療法を取り入れる医院も増えています。

点滴療法研究会

元々は抗がん剤に変わる栄養療法としてアメリカから入ってきた療法のようです。
抗がん剤でボロボロになった患者さんがこの療法に切り替えて元気になったのがきっかけで日本にも普及したらしいです。

現在はアンチエイジング療法として一般的になりつつありますが
この療法については化学療法を進める医院などからは怪しい療法としてバッシングされているのも確かです。

ただ、化学療法だろうが自然療法だろうが結果がそれの成否をジャッジしてくれると思います。

多分、化学療法は僕の父もそうですがかなりの確率で命を落とす療法で、儲かるのは医者と製薬メーカーというのは明らかです。

まあ、一部の医師や製薬メーカーの一研究員などはなんとか根治させたいと考えていると思いますが・・・

まあ、しかしながらガンのシンポジウムなどに参加した特に
他の製薬と比較して抗がん剤の進化は止まっていると言われていましたので
ガン治療なども別のアプローチで根治を目指す選択も必要かと思います。

その前に、この高濃度ビタミンC点滴を定期的に打つことで予防が可能かと僕は感じています。
最近疲れが溜まって抜ける前にまたハードな仕事・・・

そんな疲れを感じている方にはオススメなのか?
それを今度ぼくは体験してきますので体験レポートを楽しみにしていてください。

この高濃度ビタミンC点滴にご興味のある方はとってもわかりやすい本がありますので読んでみては如何なでしょうか?

 

今、注目の超高濃度ビタミンC点滴療法

水野 芳春(著)

関連記事一覧