女性ならではの悩み相談事例

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・ と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

以前はシャンプー剤のご相談がほとんどでしたが昨年くらいからは肌荒れのご相談もかなり多いです。
だいたいこれら含めて1日に2~3人の方から毎日ご相談をいただくようになってきました。

そして今年になってからは体調不良のご相談です。

そんなご相談をいただくと放っておけないため自分なりに調べたり
時には優秀なブレーンに相談して解決策を教えていただいております。

特に女性からの女性ならではのご相談が圧倒的に多く、僕でいいのか?と思ったりもしますが、こういうご相談をうけると以後の方で同じようなご相談をいただくと即回答できるので結果喜ばれています。

そんなご相談のなかで
「何度もトイレに行きたくなる!」
「排尿後に痛みがある!」
「残尿感がある!」

などのご相談です。

この症状を聞いてあ~私もっていう女性は意外に多いかと思います。
僕の周りにも実はこういう方って意外にいます。

こういう方ってひどくなると排尿の最後の方や、排尿後にしみるような痛みを伴うそうです。
これを病名で「膀胱炎」というそうです。

膀胱炎を調べるとこういうケースからなるそうです。
大腸からなんらかのきっかけで細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす細菌感染症。

この膀胱炎には急性と慢性があるそうですが、僕への相談はほとんどが慢性の方だと思います。

そして、女性しか相談が来ないので男性は?って思ったのですが女性と男性の体のつくりの違いがあるみたいです。

専門的にいうと、女性は外尿道口が腟の付近に開口しているので、その構造的にもともと細菌が入りやすいそうです。

また、尿道が男性と比較して短いため、細菌が膀胱内にも侵入しやすいので、膀胱炎になるのは女性が多いらしいです。

この症状、僕はなったことがないのでわかりませんが・・・辛いそうですよ~。
また、気になって1日がゆうつな気分になるようです。

基本は泌尿器科、内科で診療してもらうそうですが、慢性の方はなかなか治らないみたいですね。

そして、そんなご相談を解決すべく僕のブレーンに相談したところ解決策がありました!
この方法でかなりの方が治っているそうなのでこれはいい!と思って本日記事で書かせていただきました。

チョと恥ずかしい記事かもしれませんが悩める方が多いようですのでよかったらシェアしていただいても良いかと思います。

ではその解決策とは・・・

ビタミンCを多量摂取する!

ビタミンCを大量に摂取すると肝臓や腎臓で分解されることなく、そのままのかたちのものが尿に出てきて、
細菌に働きかけてくれるそうです。

ただし、レモンやアセロラなどを摂取するとどれくらい摂らなければいけないのか?
全く想像もつかないので100%ビタミンCをダイレクトに摂取するサプリメントが即効性が期待できるかと思います。

そのおかげで尿道の炎症も抑制しつつ、殺菌作用も強い効果を発揮します。

このビタミンCの殺菌作用は、ブドウ球菌・大腸菌など、膀胱炎の原因となる細菌に対して発揮されます。

ということで、細菌の増殖の抑制はもちろん、殺菌まで考えた予防をする上でも多めに摂取した方がいいです。

このメカニズムは、ビタミンCは白血球を活性化します。
白血球の仲間の好中球は細菌を片っ端から食べていきますが、白血球に十分なビタミンCが含まれていないと、この貪食能を完璧に遂行することができないそうです。

つまり、ビタミンCを十分に補うということは、細菌に対して強くなるので膀胱炎などの炎症にも最適!!
だそうです。

オススメのビタミンCも以前から僕は取り扱っていますので、困った方は言ってくださいね!
おまけにかなり安く手に入れることができます。

お客さんでもそういう方がいれば是非オススメしてほしいな~って思います。

そして、それでも恥ずかし方は「アンビエンスプロ」に登録していただくと唯一1つだけビタミンCがサプリメントコーナーにありますのでそれです!

シャプーソムリエアカデミー受講生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧