SNS上で自分を公に出せない人の6分類

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・ と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

最近いろんな方とお会いしているうちになんとなく思ったんです。
SNS上、特にFacebook上に自分をあまり出せない人ってこういう事情があるのかな~って。

そういう方を6分類にしてみました。

Facebookで投稿やいいねがあまりできない人6分類

①使いこなせない人(飽きた人や違うSNSを使っている方も含みます)
②超有名人
③ストーカーなどを恐れている人
④危険な恋の香りのある方(笑)
⑤超恥ずかしがり屋さん(人前でも話が苦手な方等)

⑥いいと思う記事にはあえていいねを押したくない

ビジネスをする上ではFacebookは信用できるコミュニケーションツールです。
その上で、いいねが押せない人や自分の投稿を殆ど出来ていない人・・・。
それが僕的に感じた6パターンの事情です。

使いこなせていない方やストーカー行為、恥ずかしがり屋さんは別としまして
例えばビジネスパートナー(企業間やお客様等)の投稿にいいねを押せない方。

これって、超有名人で押したら押された人を支援しているように見えて回りから嫉妬されたりする危険性がある方。

こういう方は、意図的にいいねが押せないと思うんです。

または、面倒くさがりでFacebookは情報収集がメインの方。

そして、一番ダークな人が
自分をあまり表に出せない方。

例えば色々な人とお付き合いしていてバレてはマズイ(汗)方。

これは、ビジネス関係であろうが、恋愛関係であろうが自分の行動や交友関係を他の人に知られたくないという黒い面があるのではないかって思いますがどうなのでしょう?

逆にいいねを押したり、自己表現をしている方は生き方や行動に自信がある方ではないでしょうか?
それはつまり、人からの信頼を得る近道でもあると僕は思います。

人って情報が多ければ多いほど安心しますからね。
見えないということがかえって誤解を生んだり、信頼関係が築き難い状況を作り出すのではないでしょうか?

基本Facebookで繋がっている人は友達やそれに近い存在です。
そんな近い人に見られたくない自分って・・・

危険危険!!

Facebookはキチンとした生活をしている人以外は使いこなせない!?
こういう方って意外とプライベートの面を見せたがりません。

言葉では色々と出てくる話が実は作り話ってこともあり得ますし、何時どこに誰といたのかということもバレてしまいますからね~

Facebook恐るべしです。

そうなると、それなりにキチンとした人・・・普通の生活をしている人でないとFacebookの使いこなしって出来ないのかも知れません。

ということで、人との関わり合いの中でFacebookの使い方とその人の人間性を照らし合わせると、自ずとその人の見えない面が見ててくるのかと最近思いますがどうなのでしょうか?

隠したくてもその使い方で見えてきちゃう?!

頷く方、ドキッ!!とした方色々かと思いますが、Facebookは本当に多くの方と深いつながりが作りやすいコミュニケーションツールですので本当は楽しみながら自己表現をしてほしいものですね~。

関連記事一覧