誰でも簡単にできてしまうリバウンドしないダイエット実話

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・ と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

先日花粉症対策でアミノ酸が効いてるという記事を書きましたが、何故かタイミングよく2015年3月28日(土)日本テレビ系列「世界一受けたい授業」にてアミノ酸+東大式ウォーキングとを組み合わせたダイエットについて授業をしたようですね。

このダイエットで一般的な方法は食事制限や、糖質カットなどですがそれだと、筋肉を作るタンパク質が不足してしまい脂肪よりも筋肉が格段に落ちてしまうようですね。

筋肉量が減少すると、基礎代謝が下がり、脂肪燃焼がしづらくなって、実はリバウンドしやすい体になってしまうんです。

そこで、ステージに立ったのが大谷勝先生です。
東京大学大学院新領域創成科学研究科特任教授で、アミノ酸製法研究に長年携わられていた「アミノ酸研究」のプロフェッショナルな方です。

その研究でわかったことが、筋肉の素となるアミノ酸を取りながら、3食きっちり摂りながら、ダイエットすれば筋肉をキープしながら脂肪を落とすことができるということです。

そのアミノ酸、体には20種類のアミノ酸があるのですが、教授は特に5種類のアミノ酸にその効果があることを発見されたそうです。

この5種のアミノ酸はTVでは公開していなかったので調べてみました!

めちゃめちゃ気になりませんか?

僕のことを知っている方でしたらよくご存知かと思いますが、僕もアミノ酸をよく飲んでいるので確かに太りませんし、45歳になった今でもお腹が出てきません。

時に何かスポーツしてますか?

なんて聞かれますが、全然そんな本格的な運動は何一つしていません。

じゃあ、ご飯を食べないか?
というと、だいたい3食は摂っていますし、定食などはご飯大盛りです。

夜も昔と違ってお酒を飲むケースが増えていますし、出張が多いので不規則な生活を日々送っています。

これも多分、大谷教授が言っているアミノ酸の効果なのかもしれません。
免疫療法を狙ってアミノ酸をマメに摂取する様になったことが功を制しているかもしれません。

そして、5種類のアミノ酸を見つけました!

それが、まずはBCAAと言われる(バリン、ロイシン、イソロイシン)という3種類のアミノ酸が結合したペプチドです。

これらは筋肉の原料と言われていて、アスリートのような激しい運動後には筋が切れてしまいます。
これが筋肉痛になるのですが、その筋肉痛を翌日に残さないようにするのがBCAAの摂取です。

そして、残り2種がグルタミン、アルギニンでした。

グルタミンはスポーツ選手、特にパワー系のアスリートにとって、筋肉量の低下を防ぐ効果があります。
また、筋肉内のグリコーゲン貯蔵量を増やしたり、筋肉疲労や筋肉痛を軽減する物質の分泌を促進する効果もあるそうです。

アルギニンは、ダイエット時に一緒に摂取することで、筋肉を減らさないで脂肪のみを減らす効果があります。

また、ダイエット時に起こり易い肌荒れ、疲れ、骨粗しょう症などの健康障害を防ぐことが期待されるとも言われています。

ということで、僕たちの体はこのアミノ酸の集合体でほとんどができています。
ですので、アミノ酸によるダイエットの効果があることは想像がつきますよね。

ちなみに僕が免疫を上げるために摂取していたサプリメントの内容成分は
果汁パウダー(パイナップル濃縮果汁、デキストリン、澱粉)、クレアチン、L-オルニチン塩酸塩、リンゴ果皮抽出物、グリシン、トレハロース、L-グルタ ミンL-アルギニン、L-リジン塩酸塩、クエン酸、香料、DL-アラニン、ビタミンC、甘味料(スクラロース、ステビア)、ビタミンE、L-メチオニ ン、L-トリプトファン、L-フェニルアラニン、L-プロリン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミ ンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

で、HGH(成長ホルモン)に作用し、肌にハリや弾力を与える効果や、リラックスアミノ酸と言われるトリプトファン、スタミナ不足に効果的なクレアチンとアルギニン、美肌に効果的なプロリンとグリシンを独自のバランスで配合されているものです。

どちらかというと、美肌と栄養バランスを整えながら代謝機能を高める処方かと思います。

そして、代謝を上げてとりあえずダイエットの場合のアミノ酸サプリメントはこのような処方でした。

還元麦芽糖、発酵乳パウダー(乳成分を含む)、グルタミンアルギニンロイシンイソロイシン、 バリン、スレオニン、クエン酸、リジン、メチオニン、ヒスチジン、ショ糖脂肪酸エステル、V.C、卵殻Ca、香料、リンゴ酸、甘味料(アスパルテーム・ L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、フェニルアラニン、トリプトファン、ナイアシン、クエン酸鉄Na、パントテンCa、V.E、V.B6、 V.B1、V.B2、V.A、V.D、V.B12

今回TVの実験で使用されたアミノ酸はこれのようですね。

健康的な痩せ方
これを考えるのは大切なことですよね~

シャプーソムリエアカデミー受講生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧