花粉症を治した実録公開

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・ と思って
心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

この時期かなり苦しい思いをされている方も少なくありません。

くしゃみ、鼻水、目のかゆみ まさしく「花粉症」ですね。

花粉症はアレルギー性鼻炎の一つで、花粉やハウスダストなどが体内に入るのを防御するために起こっています。

これが毎年激しくなっていませんか?

以前の僕がそうだったんです。
以前というのは、今はほとんどその症状が出なくなりました。

30歳のこと・・・
それまで住んでいた横浜を後に茨城県へ移りしみました。

そして、1年後・・・
ちょうど今くらいの時期にくしゃみや鼻水、喉の奥にかゆさを感じていました。

あれ~?
これってなんだろう。

そう思いながら過ごし、翌年またこの時期になると
昨年よりもその症状が激しくなってきました。

もしかしてこれって花粉症?
初めてそこで認識したわけです。

さらに翌年、ちょうど33歳くらいになった時
ものすごい症状になってしまいました。

例えば突然鼻水がたら~
まるで、脳みそから汁がこぼれたかのようなサラサラした液体が鼻から流れ出てきます。

ティッシュで拭いても拭いてもしばらくすると流れてきます。
そのくせ、鼻が詰まっている。

鼻水をすすろうにもすすれない・・・(涙)

電車に乗るときなどは鼻にティッシュを詰めてマスクをしていないと
ず~っと鼻にハンカチをつけていないとダメなくらいになっていました。

そして、どうしたらこれを克服できるのか色々調べたわけです。
すると、まずは当時としてはまだ珍しいプラセンタエキスの高いドリンクが効くとのことでそれを摂取してみました。

この効果としてはプレセンタエキスは神秘の媚薬として免疫力を高めるとのこと。
試したのが2年間。

結果は多少症状は軽減されていました。

その後にやったのがヨーグルト。

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状には乳酸菌に改善する働きがあると言われていたのでやってみることに・・・

しかし、全く効果が感じられませんでした。
今となれば、摂っていたヨーグルトの菌が合わなかったのだと思います。

そしてさらに次にトライしたのが「アミノ酸」でした。
アミノ酸でもIGF-1を高める処方をされたアミノ酸でした。

これを摂取してみるとプラセンタエキスよりも効果が実感できました。

また、最近アミノ酸では日本一の味の素さんでは中でも、とくに免疫力を向上させるアミノ酸は「グルタミン」と「アルギニン」と発表しています。

これらは、免疫細胞を活性化させてアレルギー反応を抑えてくれる働きがあるので、花粉症を軽減する効果が期待できると言っています。

確かに、これら2種のアミノ酸も僕が摂っていたアミノ酸には配合されていました。
そして、今現在は体調が弱っている時やこういう時期にはアミノ酸を摂取しています。

たった1日で車の窓にはこれだけの花粉がついてしまう所に1日いても見ての通り全然平気です!

当然、電車の中でも

鼻には何も詰まっていません!
もちろん、マスクもいりません!

ただし、目が多少痒くなる時があるのでメガネをしていない時はグラサンをしています。
そして、少しだけ朝起きてくしゃみが出た時には鼻の中に「サクラン化粧水」を塗っておきます。

もうこれで十分花粉症対策がとれています。

花粉症の症状がひどいと結局呼吸器系に負担をかけますのでやる気が起きなかったり、頭の回転が悪くなるので早めの改善が望まれますね。

今回は、僕の実体験をお話しさせていただきましたが最後にヤバい!!今なんとかしたいという場合に効果的なツールをご紹介します。

それが・・・


ケルセチンDX かむタイプ

このかむタイプというところがミソなんですね~
こう言ったサプリメントをいざ摂ろうとした時に飲み物がない時ってありますよね。

でもかむタイプは飲み物がなくても採れるんです。

そして、このケルセチンDXの主成分はケルセチンです。

ケルセチンは野菜や果物に多く含まれてる天然色素成分で、フラボノイドの一種で、花粉やホコリ、ハウスダストによるつらいムズムズ解消に役立ちます。

また、ケルセチンの働きを助けるビタミンCやパイナップルエキス、ネトルエキスを配合されていますし、眠くならないのもいいんです。

僕はまだここまで頼らなくてもいいのですが、即効性が欲しい方にはオススメですね!

シャプーソムリエアカデミー受講生募集中です。
詳細及び申し込みはこちらから↓↓↓

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧