手荒れの痒みを30秒で完全に止める方法

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・
と思って心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

これは、先日の手荒れ撲滅プロジェクトのセミナーで聞いたことを実際に自分で試した結果報告です。
どうしても、実際に実験したくなる性分はSSAの影響ですね。

キュベシノブシャンプープレミアムを使ったお客様は皆んな頭皮が柔らかくなる!
このような報告を先日いただきました。
(今日の記事の内容にはまったく関係ありません)

何人ものモニターを取られていたキュベシノブサロンの方からなのですが、また僕の想像を超える結果が出ております。

しかし!これはまだまだ何故そうなったのか分析中です。

ということで、今回実験をしたのは痒みを止める方法です。

先日のセミナーではアクアサクラム(株)のMaikoシリーズが手荒れや、肌のくすみなどに抜群の効果があるので、マーケティング&商品開発の責任者の中田さんに講義をしていただいたのですが、その講義の中で痒みに効果があるというお話があったんです。

手荒れや肌荒れをずっと研究している僕にとっては、なにはともあれ「掻かない!」っていうことが重要な肌改善方法だって行き着きましたので、痒みを止めるという言葉が刺さってきました。

目の前で手を掻き始めた女子の痒みを一瞬で!
そして、翌日僕は神奈川県でキュベシノブの認定セミナーがあり、セミナーをしていたんです。
キュベシリーズも基本敏感肌の方やアトピーの方を考えたヘアケアシリーズですので、肌のことも勿論セミナーの中ではお話します。

そして、肌の痒みのお話をしていたところ、目の前に座っていた女の子が
「私今まさにその状態です」
って、手を掻き始めたんです。

そこで、中田さんの「痒みが止まるんです」っていうキーワードが浮かんできたので、ちょとセミナーを中断して、最近持ち歩いているMaikoシリーズの「プレミアムローション」を彼女の手につけてあげたんです。

青紫のボトルのものになります。

すると・・・

「あれ?全然痒くない!」
彼女が言ったんです。

それまで、ボリボリ手を掻きながら僕のセミナーを聞いていた子が、つけて1分経たないうちにそう言ったんです。

さらに、それから1h程度セミナーは続いてのですが、その間一度も痒みが出ませんでした。

これは嬉しかったですね~。

痒くて掻き始めると肌にとっては何もいいことがないばかりか、自ら症状を悪化させていきます。
それが、イッチ・スクラッチサイクル!

これは痒みのスパイラルです。
掻けば掻くほど角質層を痛めていき、肌荒れを進行させる一番の原因です。

▶︎詳しくはシャンプーソムリエアカデミーでお話しします。

その原因を止められたんです。
中田さんのセミナーでは、虫に刺された直後、すぐに塗れば痒みが出ないとも言われていました。

こういった心強いツールがあると、手荒れ撲滅プロジェクトもやる気がますますでてきます。

手荒れ撲滅プロジェクトメンバーには女性が多い!
そして、先日敏感肌・・・いや、もうどんな化粧品も使えないような肌質の方のためのオーダー化粧品の処方を依頼され作っている化粧品研究員の手荒れ撲滅プロジェクト参加の表明をいただきました!!

これは、また心強い方が来てくれました。

また、よくよく考えると・・・
体質改善の専門家の方も女性
アクアサクラムの中田さんも女性
化粧品研究員も女性

という、手荒れ撲滅プロジェクトメンバーには肌に対して日常気を使う女性メンバーが多いことに気づきました。
このような素敵なメンバーの方と本格的に活動するのも時間の問題となってきました。

まずは専用のホームページサイトがお披露目になるのですごく楽しみです!
それにしても「サクラン」は奥深いですね~。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧