マイクロバブルの「サイズ」効果

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・
と思って心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

マイクロバブルのサイズ効果って聞いたことありますか?
マイクロバブルは髪の毛の直径80~100μm程度の小さな泡の事を一応そう呼ぼうとされています。

この一応とは、まだ基準が曖昧のため一応と言わせていただいております。

曖昧な表現ナノバブル
さらに、マイクロナノバブルという表現もありますよね~
これなんかは非常に曖昧で各研究会で議論されている最中で、どこからナノと呼ぶのか基準がないようです。
そんなマイクロバブルですが、最近はシャワー型のものが一般的に出回っております。

当然、肌当たりもいいですよね。

どのマイクロバブルシャワーでも汚れが落ちるのか?!

では、シャワーの目的は・・・?

やはり、汚れを落とす!
そう、もうで始めた花粉などの微細な汚れ。

こういうものを本来マイクロバブルは落とすのが得意です。
では、どのマイクロバブルシャワーでも落ちるのか?!というと違うってことを知っている方はごくわずか。

どうせ買うなら専門家がオススメのものを買いたいですね
多分、マイクロバブルのシャワーをどこかの工場で作ってもらっている販売メーカーの方ではほとんど知っている方はいないようですね。

肌当たりがよく、花粉やチリ等の微細な汚れを取ってくれるマイクロバブルの泡の大きさ。
ここまで考えてシャワーを購入すべきですよね・・・本当は。

でも、なかなかそんな情報出ていませんし
売っている側も知らないので困ったものです。

そこで、ここではお話しできないのですが、そういう条件をクリアーしたシャワー自体はお伝えできます。

それが、これです。


ピュアブルⅡ

かれこれ、7~8年マイクロバブルを見続けてきてこれが一番安心してご紹介できますね~。
これを作っている人もかなりマイクロバブルの世界では名の知れた研究者です。

何せ僕の会社の社名は(株)マイクロバブルパートナーズですからね!

そして、シャンプーソムリエとしてもこのシャワーで予洗いや流しをしてもらうと、洗浄力の弱いシャンプーでも十分汚れが取れるし、髪や頭皮への界面活性剤の残留がなくなるので本当ならば、シャンプーよりもまずは流しの部分でこう言ったシャワーを使って欲しいな~って思います。

おまけに、肌の毛穴に残ったメイクの洗い残しや頭皮の汚れもキレイにとってくれるので毛穴というところは全部キレイでいられるのもいいんです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧