数種類の生薬配合を売りにしているシャンプー剤について

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・
と思って心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

数種類の生薬を使ってお肌に優しく・・・
って言うシャンプー剤ってあると思うんですが僕的にはそれが?

って、いつも思ってしまいます。
あっ!変な意味でもないんですよ。

ただ、それを商品の特徴に出してその良さって本当に使い手に感じ取れるのかな~って疑問なんです。

僕はシャンプーセミナーでもそういう成分の詳細などもお話しするのですが
よく考えればそれもそうだよな~って思うと思うんです。

だって、生薬=植物のエキスですよね。
はあ、植物エキスをご自分の肌に塗ってすぐにシャワーで流してみてください。

どれだけ肌にプラス効果があるんでしょうか?
シャンプーは基本汚れを落とすものですよね~

そのシャンプー剤に生薬・・・僕的に言えば「葉っぱの汁」を配合しているわけですよね。
ちなみに僕のシャンプー剤にも十数種類の植物エキスが配合されています。

けど、何が効いているのかわからないのでパンフレットにも売りとして書いていることがありませんし、商品紹介のセミナーでも正直あまり押して説明はしません。

だいたい、植物エキスって保湿か抗菌や抗炎症作用位がいいところですからね~
そして、葉っぱの汁ですよ、汁。

葉っぱの汁を界面活性剤と混ぜて髪や頭皮を洗ってシャワーで流したらどれくらい残りんでしょうね~
感覚的に殆ど残らない・・・のではないでしょうか?

ですので効き目も多少あるかな~っていう程度。

そうそう、よく成分を調べたりする方がいますが
生薬系の名称が数種類固まってあったら、それは一個一個調べればそれぞれの生薬の特徴が分かりますが、あくまでも数種類混ぜて保湿作用みたいに原料自体がなっていますので、一個一個は調べないほうが楽ですよ。

こういうものはやっぱり洗い流さないスキンケア系などの方がまだ効果が感じるのではないでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧