仕事をこなすものとして考えないこと

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・
と思って心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

ここのところ休みが無い感じの日々を過ごさせていただいております。
2月も休みはあって3日くらいかな~
3月はほぼゼロです。

家族の協力がないとこんなことできませんね(汗)

でも全くない方もいますので、まだ3日あるからましな方ですかね~。
まあ、貧乏暇なしってことです(笑)

でも、楽しくって仕方がないんです。
体の内側から何かが溢れ出しているって感じです。

特に今年は3年前に思い描いていた幾つかのことが全て繋がるので一層ワクワクします。

そんな楽しい仕事ですが、これを仕事=こなすことって思ってはいけないな~って思っています。

作業の中に創造性があるのであれば、それは「こなしている」から「創造している」という意味に変化しますよね。

僕はどちらかというと何かを作り出すことで楽しさを感じます。
あ~これって自分じゃないとできないのかも?

何が生まれるのかワクワクします。

つまり、創造性があったほうが生きているって思うんです。

目の前の作業をこなしているように見えても、そのおかげで組織が豊かになればそれは創造です。

顧客が増えればそれも新しい市場の創造です。

ですので、今作業をしていて忙しい・・・
って、思うよりも、この作業は何かを創造しているって思うこと。

そう、目の前の業務のその先を見るってことです。
例えば工場でもいいですし、事務系でもいいと思います。

目の前のことを単なる作業としてみるのではなく
この商品が誰かの手元に届くことで豊かな生活の創造の役に立っている。

事務処理をこなすことで組織が豊かになっている。

全てが創造しているんですよね。

それをこなすと考えてしまうのは楽しさが半減してしまうと思いませんか?
そして、創造しているという意識で仕事に向き合えばアイディアも出てくると思うんです。

ですので、仕事を作業と思ってはもったいないんですよね~。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧