健康ブームの予防(未病)は、お洒落面でもあるんです!

シャンプーソムリエ こと関川忍です。
僕のブログを覗いていただきありがとうございます。

あなたにとって何か得る物があれば・・・
と思って心を込めて毎日1記事を書かせていただいております。

ここのところ高齢化のあおりでヘアカラー・・・特に白髪染めをされる方が増えましたね。
ここ数年間で白髪染を始めた方たちは僕と同年代が多いです。

僕と同年代の方が学生のころは、ヘアカラーをすると不良とかって変な目で世間が見ていた時代ですが、しばらくするとヘアカラーはおしゃれの一つと社会的に認識が変わってきました。

ですので、成人してからは色んな髪色を楽しめた世代です。

おかげで枝毛なんて珍しくもなかったです。

そんな世代がヘアカラーをず~っとやってくると、中にはアレルギー反応を起こし始める人も出てきます。
それが、ジアミンアレルギー!

ヘアカラーの染料の「パラフェニレンジアミン」が代表的ですね。

このアレルギーは遅延性アレルギーで、花粉症などと同じように、体内に徐々に抗体が作られジアミンに耐えうる要領がマックスになった時に、アレルギーを引き起こします。

そして、次回同じくジアミンに触れると顔がパンパンに腫れたり、呼吸困難になるといった危険な反応を起こしてしまいます。

もう、人前に顔を出せないくらいの状態にまでなる方もいますし、下手するとそれで命を落とすことだってあります。

消費者も美容室で染めるのが面倒とか、お金がもったいないなんて自分で染めている方も多いですが、それは全てジアミンアレルギーへのトリガーを自ら引いていると同じこと。

かなり危険行為でもあります。

美容室へ行くことで自分がジアミンアレルギーになりそうなのかを事前にチェックしてくれますので、できれば自分で染めるなんてことはしないほうがいいですね。

1回染めるごとにトリガーがゆっくりと引かれていきますからね。

また、美容室へ行けばジアミンを使わないヘアカラーでのカラーリングや、万が一使っていても、できるだけ肌につかない技術でそれを避けていく方法もあります。

もしも、なってしまった場合は即病院へ行けば注射で治りますが、なった後はどんなヘアカラーで染めればアレルギー反応を起こさずに綺麗に白髪を染められるのか?素人ではもう選択できません。

ということで、これからヘアカラーをするには美容師さんに相談した方が身のためかな~って思います。

今は健康ブームですが、この健康は未病。
つまり、予防が基本ですからね。

ジョギング、食事もいいでしょう。
しかし、おしゃれ面でも予防を考えてみてもいいのではないでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございます。
今日1日がアナタにとって人生で最高の1日でありますように!

関連記事一覧